TOEFLの概要

TOEFL

TOEFLとは

TOEFL(トフルまたはトーフルと発音されます)とは Test of English as a Foreign Language の略で、英語を母国語としない人のための英語によるコミュニケーション能力を測るテストです。試験はReading, Listening, Speaking及びWritingの4パートで構成され、総合的な英語の能力が測られます。

スポンサーリンク

3種類のTOEFL

TOEFLはかつては紙ベースで試験が行われる、TOEFL PBT (Paper-based Test)が実施されていました。その後コンピュータ上で試験を行うTOEFL CBT (Computer-based Test)を経て、現在日本ではインターネットに接続された環境で行うTOEFL iBT(Internet-based Test)のみが行われています。(注:大学等で団体受験する場合に、TOEFL ITPというものが紙ベースで行われることもあります。)

TOEFL iBTは、Internetに接続された環境で行うとはいえ、自宅等で受験することはできず、申し込みをしたテストセンターで受験をする必要があります。また、iBTになってSpeaking試験が導入されたことにより、英語をしゃべることが苦手な日本人にとってはハイスコアを取得することが難しくなったとも言われています。

なお、本サイトでは特段記載していない場合、TOEFLはTOEFL iBTのことを指します。

 

TOEFLのスコア

TOEFLには合否はなく、Reading、Listening、Speaking、Writingの各パートが0点から30点で評価され、合計0点から120点までのスコア評価となります。

必要なスコアの目安は目的によって異なり、特にTOEFLのスコアを求めない学校や、「留学生は最低80点(各パート20点以上)」といった細かいRequirementを設定している学校もあります。一般的には「学部入学は61点以上、大学院入学は80点以上」と言われることもありますが、難関校では「最低100点」といったRequirementを掲げているところもあります。更には、ハーバードビジネススクールのように、「109点以上が望ましい」といった、非常に高いハードルを課してくるプログラムもあります。

自分が出願する予定のプログラムが、どういった条件を課しているのかを予め調べ、自分の目標スコアを定めていくことが重要です。

 

TOEFLの構成

TOEFLは、Reading、Listening、Speaking及びWritingの4パートから構成されます。試験時間は受験者によって異なります(理由は、ReadingまたはListeningパートにおいて、採点されない(とされる)ダミー問題が含まれているためです)が、Readingが60分~80分、Listeningが60分から90分、Speakingが約20分、Writingが約50分の、合計4時間から4時間半にわたる長丁場の試験です。

それぞれのパートの概要・攻略法については以下のページを参照してください。

 

Reading

Reading攻略-出題パターン

Reading攻略-試験対策

Listening

Listening攻略-出題パターン

Listening攻略-試験対策

Speaking

Speaking攻略-出題パターン

Speaking攻略-試験対策

Writing

Writing攻略-出題パターン

Writing攻略-試験対策

Official Guide to the TOEFL Test with DVD-ROM (5th Edition)(TOEFL公認ガイド 第5版)DVD-ROM付き

created by Rinker
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
TOEFL
Zackをフォローする
English Navi