TOEIC

TOEIC

新型コロナウイルスの影響に伴うTOEIC(9/13)の申し込み日程変更について

新型コロナウイルスの影響により3月8日、4月12日、5月24日、6月28日と4回連続でTOEIC公開テストは中止となりました。今年はオリンピックの影響(とはいえ延期となりましたので今年オリンピックはありませんが)により変則的な日程となっていて、6月28日の回の次は9月13日の開催の予定となっていました。
TOEIC

新型コロナウイルスの影響に伴うTOEIC(6/28)の中止について

新型コロナウイルスの影響により、2020年3月8日のTOEIC L&R公開テスト(第248回)、2020年4月12日のTOEIC L&R公開テスト(第249回)、2020年5月24日のTOEIC L&R公開テスト(第250回)に続いて、2020年6月28日のTOEIC L&Rテスト(第251回)についても試験の実施が中止されることとなりました。これで新型コロナウイルスの影響による公開テストの中止は、4回連続となります。
TOEIC

新型コロナウイルスの影響に伴うTOEIC(5/24)の中止について

新型コロナウイルスの影響により、2020年3月8日のTOEIC L&R公開テスト(第248回)、2020年4月12日のTOEIC L&R公開テスト(第249回)に続いて2020年5月24日のTOEIC L&R公開テスト(第250回)についても試験の実施が中止されることとなりました。これで新型コロナウイルスの影響による公開テストの中止は、3回連続となります。
TOEIC

【PR】【全TOEIC対策講座が10%OFF】目指せスコアアップ! TOEIC(R)春割キャンペーン

新型コロナウイルスの影響による自粛、イベントの中止、在宅勤務の推進等が行われていますが、自宅にいる時間が長くなる今だからこそ、自学自習による英語の学習をすすめるチャンスです。フィリピンを拠点としたオンライン英会話もフィリピンにおけるコロナウ...
TOEIC

新型コロナウイルスの影響に伴うTOEIC(4/12)の中止について

新型コロナウイルスの影響により、2020年3月8日のTOEIC L&R公開テスト(第248回)に続いて、2020年4月12日のTOEIC L&R公開テスト(第249回)についても試験の実施が中止されることとなりました。振替受験への申込み、あるいは返金手続きが可能となっています。
TOEIC

新型コロナウイルスの影響に伴うTOEIC(3/8)の中止について

2020年3月8日のTOEICを受験予定だった方にはすでにメールで連絡が入っていると思いますが、新型コロナウイルスの影響により、3月8日のTOEIC L&R公開テスト(及び3月1日のTOEIC Bridge S&W公開テスト)については試験の実施そのものが中止されることとなりました。今年度最後の受験回ということで、入学前、卒業前、就職前等最後の受験チャンスとして受験される予定だった方もいらっしゃるかと思いますが、試験が中止となった影響で受験することはできなくなりました。
TOEIC

2019年”IIBC AWARD OF EXCELLENCE”受賞

IIBC AWARD OF EXCELLENCEとは、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの英語4技能をバランスよく学習し、コミュニケーションツールとして積極的に使っている人を応援したいという思いから、英語で「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能を測定するTOEIC Testsの公開テストで基準のスコアを取得した人に、毎年一度IIBC(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)より授与される表彰のことです。
TOEIC

【雑記】TOEIC受験料の値上げ(2020年4月の実施回より)

2020年4月の受験分より、TOEIC L&Rの受験料が値上げになることが発表されました。値上げの理由は、各種コストの上昇と消費税率のアップによるものです。受験生にとってありがたくない値上げではありますが、過去にはTOEICの受験料が値下げされたこともあります。教育や学習にかかる費用については非課税あるいは軽減税率の対象としてもらいたいものです。
TOEIC

【PR】TOEIC初心者から中級者にオススメの通信教育講座(2019年5月版)

TOEICの学習を進める上で取りうる手段はたくさんあり、それぞれの手段でメリット・デメリットは当然あります。英語関連の通信教育の老舗アルクが、試験に「でるとこだけ」の英単語と目標スコア達成の総合力を養う新講座を開講し、期間限定の開講記念価格(2019年6月2日(日)まで)で提供していますのでご紹介します。
TOEIC

【雑記】2019年度入試-推薦・AO入試への英語外部検定の利用率は45.8%

旺文社教育情報センターがリリースした情報によると、2019年度の日本国内大学の推薦・AO入試への英語外部検定(外検)の利用率は45.8%と、大学各校での英語外部検定の利用が拡大しているようです。推薦入試の場合はそもそも一定の級やスコアを持っていることが出願資格となっていたり、あるいは保有している級やスコアによって加点や合否判定で優遇されるといった形で使われているようです。