GMAT

GMAT

【続報/期間延長】自宅でGMATが受験できる!?GMAT Onlineの実施

新型コロナウイルスへの対応として、GMATがGMAT Onlineという形で、2020年4月20日より自宅で受験が可能となっています。当初は6月15日までの期間限定となっていましたが、その後7月17日まで、8月14日までと段階的に期間が延長されていましたが、12月31日まで延長されることになりました。期間が限られているので準備はまだ十分ではないけどとりあえず申し込んだ・・・という方は、リスケ対応も可能となりました。一生に一度しか受験することができませんので、しっかり準備をして試験に臨みましょう。
GMAT

自宅でGMATが受験できる!?GMAT Onlineの実施

新型コロナウイルスへの対応としてTOEFL iBTの自宅受験が可能になりましたが、GMATについてもGMAT Onlineという形で、自宅受験が可能になる仕組みの提供が始まりました。通常のGMATと同じスコア(Quantitative、Verbal、IRから構成)を取得するために受験ができますが、試験のフォーマット、受験のルール等、通常のGMATと異なる部分も多いため注意が必要です。
GMAT

GMAT Reading Comprehension攻略 -試験対策

GMAT Verbal SectionのReading Comprehensionの試験対策について説明します。「土台となる英語力の醸成」「無理に全問正解を目指さない」「徹底した問題演習」がGMAT Reading Comprehension対策のポイントです。35点以上を目指す方は70%以上の正解率を目指しましょう。
GMAT

GMAT Critical Reasoning攻略 -試験対策

GMAT Verbal SectionのCritical Reasoningの試験対策について説明します。「問題パターンの理解と精通」「Assumption, Premise, and Conclusionの理解と意識」及び「徹底した問題演習」がGMAT Critical Reasoning対策のポイントです。
GMAT

続:GMATスコアに関する疑問点とその検証

GMATのスコアはわかりづらい部分や不明確な部分が多いですが、受験者が気になるGMATのスコアに関する疑問についてわかりやすく検証しました。本ページは「GMATスコアに関する疑問点とその検証」の続編ですので、そちらもあわせてご覧ください。時間がなくなったら、ランダムクリックで最後まで回答することも大事な戦略となります。
GMAT

GMATスコアに関する疑問点とその検証

TOEICは各セクション5点~495点で合計10点~990点、TOEFLは0点~120点、IELTSは0~9.0といった具合に、テストによってスコアの表され方が違います。GMATも当然独自のスコアリングのメカニズムを持っているのですが、若干複雑な作りになっています。公開されている情報からその実態を確認していきましょう。
GMAT

GMAT Sentence Correction攻略 -試験対策

ここでは、GMAT Verbal SectionのSentence Correction試験対策について説明します。GMAT独特の文法を身に着けなければいけないSCパートで、「問題パターンの理解と精通」「GMAT文法の理解」及び「徹底した問題演習」がGMAT Sentence Correction対策のポイントです。
GMAT

GMAT Data Sufficiency攻略 -試験対策

GMAT Quantitative SectionのData Sufficiency試験対策について説明します。本パートでは高度な数学の知識は要求されませんが、数学が苦手な方は対策が必要です。「数学ⅠAの復習」「数学の専門用語の確認」及び「徹底した問題演習」がGMAT Data Sufficiency対策のポイントです。
GMAT

GMAT Problem Solving攻略 -試験対策

GMAT Quantitative SectionのProblem Solving試験対策について説明します。このパートでは高度な数学知識は必要ありませんが、数学が苦手な方はしっかりした対策が必要です。「数学ⅠAの復習」「数学の専門用語の確認」「徹底した問題演習」がGMAT Problem Solving対策のポイントです。
GMAT

GMAT Data Sufficiency攻略 -出題パターン

GMAT Data Sufficiencyでは、与えられた条件で、設問を解くことができるかどうかを回答するという日本の受験では馴染みのない形式の試験です。具体的には設問と2つの条件が与えられ、設問を解くためにどちらの条件が必要なのか、両方の条件が必要なのか、あるいは他に情報がないと解くことができないのかを答える形式です。