CASEC

CASEC

CASECとTOEIC L&Rスコアの関連性(換算スコア)

CASECを受験すると、試験結果(CASECスコア)が表示される際にTOEIC L&Rスコアの目安(換算スコア)が表示されます。このスコア目安は、過去にCASECを受験した受験者が、受験時に任意で回答した受験者アンケートのうち、過去に取得したTOEIC L&Rスコアを集計し、その結果をもとに算出されたものです。従って、表示される換算スコアは過去の受験者のスコアの相関関係を示したものとなりますが、実際の相互にそのスコアが取得できることを示したり、また、それぞれのテストのスコアを代替できるようなものではなく、あくまで関連性を示す換算の目安となることに注意が必要です。ここでは、実際にそれぞれのスコアが相互に難点程度の換算となるのか見ていきましょう。
CASEC

CASEC Section 4(ディクテーション)攻略法と対策

CASEC(キャセック)Section 4では短めの文章が3回読まれ、空欄になった部分をタイプして埋めていく必要があります。読まれるのが1回きりであれば、1回聞いて全てを回答する必要がありますが、3回読まれますのでわかった部分から順に埋めていっても時間的には十分間に合います。問題に回答する上では読まれる内容全体を理解する必要はないので、空欄になった部分を集中して聞き取りをし、わかった部分から順に書いていくことが重要です。
CASEC

CASEC Section 3(リスニング)攻略法と対策

CASEC(キャセック)Section 3ではやや長めの会話やニュースを聞き、その内容について回答する必要があります。一つの会話やニュースに対して、設問は1問のみですので、全部で17つの会話やニュースを聞く必要があります。設問は細かい点を問うものではなく内容の大意を問うものですので、内容の細かい点まで記憶しておく必要はありません。会話やニュースの流れや発言の意図などを把握するよう努めましょう。
CASEC

CASEC Section 2(表現)攻略法と対策

CASEC(キャセック)Section 2は「表現」のセクションですが、実態としては熟語が出題されます。選択肢を見たときに単語そのものは難しくないケースが多いですが、それが熟語という形になっているので日常の口語表現等に慣れていない方にとっては難しく感じるセクションかもしれません。Section 2の対策としてはまずは基本的な熟語力を高めることが重要となります。
CASEC

CASEC Section 1(語彙)攻略法と対策

CASEC(キャセック)Section 1は、純粋に語彙力を問うパートです。TOEICのPart 5のように品詞や文法を問うような問題は出題されず、純粋に文脈から正しい単語を選ぶ問題が出題されます。したがって、Section 1の対策としては語彙力を磨くこと、これが唯一の対策となります。CASECに特化した単語集などは発売されていない(2018年3月時点)ので、一般的な単語集などを用いて勉強するか、英語の文章を読んで語彙力を磨くことが必要です。
CASEC

CASECの概要

CASEC(キャセックと発音されます)はインターネット経由でオンラインで受験できる英語試験で、「平均試験時間が40分~50分」「試験終了後すぐに結果を表示」「オンラインでいつでも受験可能」という特徴のある試験で、わざわざ試験会場に行って受験するTOEIC等と比べて、手軽に自分の英語力を測ることのできる試験です。