CASECとTOEIC L&Rスコアの関連性(換算スコア)

CASECスコアとTOEICスコアの関連性 CASEC

CASECのスコアとTOEIC L&Rのスコアの関連性

CASECを受験すると、試験結果(CASECスコア)が表示される際にTOEIC L&Rスコアの目安(換算スコア)が表示されます。このスコア目安は、過去にCASECを受験した受験者が、受験時に任意で回答した受験者アンケートのうち、過去に取得したTOEIC L&Rスコアを集計し、その結果をもとに算出されたものです。

従って、表示される換算スコアは過去の受験者のスコアの相関関係を示したものとなりますが、実際の相互にそのスコアが取得できることを示したり、また、それぞれのテストのスコアを代替できるようなものではなく、あくまで関連性を示す換算の目安となることに注意が必要です。

ここでは、実際にそれぞれのスコアが相互に何点程度の換算となるのか見ていきましょう。

スコア目安の対応表

CASECのスコアとTOEIC L&Rのスコア換算についての対応表を以下に示します。

CASECスコアTOEICスコア
1000990
950985
900965
850930
800880
750810
700725
650635
600545
550465
500405
450355
400315
350275
300240
250205
200160
150105
10055
5020
010

CASECによると、上記の対応表は次のような調査によって作成されたと説明されています。

  • CASECは、受験前に受験者に対して簡単なアンケート調査を行っています。2007年1月1日~2009年12月31日のCASEC受験者がCASEC受験時に任意で回答した受験者アンケートのうち、過去に取得したTOEIC(R) L&Rスコア(自己申告による)を集計し、CASEC Totalスコアとの関係を調べました。
  • CASECの受験で多肢選択形式の問題からなるSection1~Section3の正答数が「0」だった場合および、受験時アンケートでありえないTOEIC(R) L&Rスコアが申告された受験で得られたデータを分析から除外しています。
  • また、CASECを複数回受験している受験者については、最新の結果のみを採用することにしました。
  • 最終的に、19,167件のデータをもとに分析を行いました。

データ出典:http://casec.evidus.com/materials/

CASEC各セクションの対策

CASEC各セクションの対策については、以下をご覧ください。

CASEC攻略法、例題と対策-Section 1(語彙)
CASEC(キャセック)Section 1は、純粋に語彙力を問うパートです。TOEICのPart 5のように品詞や文法を問うような問題は出題されず、純粋に文脈から正しい単語を選ぶ問題が出題されます。したがって、Section 1の対策としては語彙力を磨くこと、これが唯一の対策となります。CASECに特化した単語集などは発売されていない(2018年3月時点)ので、一般的な単語集などを用いて勉強するか、英語の文章を読んで語彙力を磨くことが必要です。
CASEC攻略法、例題と対策-Section 2(表現)
CASEC(キャセック)Section 2は「表現」のセクションですが、実態としては熟語が出題されます。選択肢を見たときに単語そのものは難しくないケースが多いですが、それが熟語という形になっているので日常の口語表現等に慣れていない方にとっては難しく感じるセクションかもしれません。Section 2の対策としてはまずは基本的な熟語力を高めることが重要となります。
CASEC攻略法、例題と対策-Section 3(リスニング)
CASEC(キャセック)Section 3ではやや長めの会話やニュースを聞き、その内容について回答する必要があります。一つの会話やニュースに対して、設問は1問のみですので、全部で17つの会話やニュースを聞く必要があります。設問は細かい点を問うものではなく内容の大意を問うものですので、内容の細かい点まで記憶しておく必要はありません。会話やニュースの流れや発言の意図などを把握するよう努めましょう。
CASEC攻略法、例題と対策-Section 4(ディクテーション)
CASEC(キャセック)Section 4では短めの文章が3回読まれ、空欄になった部分をタイプして埋めていく必要があります。読まれるのが1回きりであれば、1回聞いて全てを回答する必要がありますが、3回読まれますのでわかった部分から順に埋めていっても時間的には十分間に合います。問題に回答する上では読まれる内容全体を理解する必要はないので、空欄になった部分を集中して聞き取りをし、わかった部分から順に書いていくことが重要です。

CASECの申込方法

CASECはオンラインでの試験ですが、申し込みもオンラインで完結できます。受験票が郵送で送られてくる、といったこともありません。

方法は難しくなく、CASECのサイトからマイページを作成し、クレジットカードまたはコンビニで支払いを済ませるだけです。(クレジットカードでの申し込みが便利です)

申込みは以下のバナーからできます。



CASEC対策教材に迷ったら-ALCの通信講座

TOEICやTOEFLと違い、対策教材が販売されていないCASECですので、対策に悩んでいる方も少なくないと思います。専用の教材がないので、やはり地道に総合的な英語力を高める必要があります。

ALCの通信講座は、リスニングや語彙、英文法など幅広いラインナップが用意されているので、自分の苦手分野をしっかり伸ばし、CASECの対策に活用することができます。

通信講座は送料無料ですので、余計なコストを心配する必要もありません。ALCの通信講座で英語力を向上させ、CASECでの高得点獲得を目指しましょう!

アルクの通信講座の中身を見る・聞く

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
CASEC
English Navi