データから見る英検1級

英検

ここでは、公開されている英検のデータから、英検1級の情報について見ていきましょう。

スポンサーリンク

英検1級受験者数と合格率の推移

1st_1

英検1級の志願者数は年間約2.6万人で、2010年以降志願者数は横ばいです。

合格者数は年間約2,500人で、合格率は9%~10%です。合格率は、2010年以降上昇傾向にあり、2013年以降は合格率が10%を超えています。英検の合格率は 【合格率=合格者数/志願者数】 で計算されています。従って、試験当日に欠席した受験者も合格率算出の分母に入ってくる計算になりますので、実際の合格率(合格者数/受験者数)はこれよりも高いものと推測されます。

※2014年以降詳細情報は公表されなくなりました。級別の合格率の情報については、英検®(級別)の合格率をご覧ください。

受験回による傾向

1st_2

ご存知の通り、英検は年3回実施されます。

英検1級の場合、3回の受験回のうち第1回と第3回の受験者が多い傾向にあります。

受験回ごとの合格率ですが、第2回の合格率がやや高くなっていますが大きな差はなく、受験回によって難易度が異なるということはないと思われます。

受験者の属性と属性別の合格率

1st_3

受験生全体に占める学生の割合は29.1%(2010年から2013年の合計)となっており、社会人と比べた学生の比率が英検の中で唯一低い級です。学生の中でも、高校生と大学生の占める割合が高く、大学生の占める割合が最も高いのが特徴です。

志願者のうち学生の合格率は13.8%と、全体の合格率よりもかなり高くなっています。

最も合格率が高いのは高校生で16.6%、次いで中学生で16.4%ですが、1級を受ける中学生や高校生は小さい頃から英語を勉強していたり、海外経験があるなどして英語が得意な受験者が多いことによるものと思われます。小学生の合格率は低くなっており、英語が得意な小学生にとっても英検1級はハードルが高いということが見えます。

1st_4

受験生全体に占める社会人の割合は70.9%(2010年から2013年の合計)と、学生よりかなり高くなっています。

志願者のうち社会人の合格率は8.0%と、全体の合格率よりも低くなっています。記入不備と準会場の欠席者が「職業不明」に分類されてしまっているせいで、職業不明の合格率は低くなっていますが、それでも全体の合格率と比べて社会人の合格率は低くなっています。

最も合格率が高いのは自営業で約9%の志願者が合格しており、概ねどの職業の受験者も8%前後の合格率となっています。

データ出典:http://www.eiken.or.jp/eiken/merit/situation/
★他の英検攻略情報も見てみる(人気ブログランキング)

 

英検1級の英作文・面接対策なら

英検1級の英作文は独学での対策が難しく、自宅で学習する場合には勉強法に悩む方も少なくないと思います。また、二次試験の面接試験も容易ではなく、普段英語をしゃべる機会がない方にとっては効果的な対策が必須です。

オンライン英会話のベストティーチャーでは「英検1級対策コース」を提供しており、このコースでは、旺文社が出版する英検対策シリーズ『英検1級予想問題ドリル 改訂新版』『14日でできる! 英検1級 二次試験・面接 完全予想問題』に掲載されている問題等に基づき、英検1級に特化した対策をうつことができます。

SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
英検
Zackをフォローする
English Navi