データから見る英検5級

データから見る英検 英検

ここでは、公開されている英検のデータから、英検5級の情報について見ていきましょう。

英検の他の級のデータについては以下のページをご覧ください。

英検5級受験者数と合格率の推移

5th_1

英検5級の受験者数は年間約30万人で安定しており、2010年以降受験者数に大きな変動はありません。

合格者数は年間25万5千人程度で、こちらも2010年以降大きな変動はありません。合格率は年度によってやや差があり概ね83%程度でしたが、2012年以降下降傾向にあります。英検の合格率は 【合格率=合格者数/志願者数】 で計算されています。従って、試験当日に欠席した受験者も合格率算出の分母に入ってくる計算になりますので、実際の合格率(合格者数/受験者数)はこれよりも高いものと推測されます。

※2014年以降詳細情報は公表されなくなりました。級別の合格率の情報については、英検の合格率をご覧ください。

 

受験回による傾向

5th_2

ご存知の通り、英検は年3回実施されます。

英検5級の場合、3回の受験回のうち第1回の受験者が最も少なく、第3回の受験者が最も多い傾向にあります。

受験回ごとの合格率ですが、第1回の合格率がやや低くなっていますが大きな差はなく、受験回によって難易度が異なるということはないと思われます。

 

受験者の属性と属性別の合格率

5th_3

受験生全体に占める学生の割合は87.7%(2010年から2013年の合計)となっており、学生が非常に多く受けている級です。学生の中でも、小学生と中学生の占める割合が非常に高く(学生のうち小学生と中学生で96.5%)、高校生以上の受験者は少ないです。

志願者のうち学生の合格率は87.1%ですが、注目すべきは小学生と中学生の合格率が非常に高いというところで、これは小学生や中学生が高校生や大学生よりも英語が得意だということを意味しているのではなく、受験申し込みをした高校生以上の受験者のうち、実際に受験した人が少ない(=試験の欠席率が高い)ことによるものだと考えられます。なお、短大生の合格率が異常に低い(18.9%)ですが、2010年から2013年の間で37名しか志願しておらず、合格率の低さそのものに意味はないと考えてよいでしょう。

最も合格率が高いのは中学生でおよそ90%の志願者が合格しており、受験される中学生の方は自信をもって受験に臨めば問題なく合格できるレベルであるということがわかります。

 

5th_4

受験生全体に占める社会人の割合は12.3%(2010年から2013年の合計)です。

志願者のうち社会人の合格率は51.2%と、全体の合格率よりも非常に低くなっています。これは、記入不備と準会場の欠席者が「職業不明」に分類されてしまっているせいであり、実態を表しているものではないと考えられます。

最も合格率が高いのは主婦で90%近くの志願者が合格しており、概ねどの職業の受験者も80%前後の合格率となっています。

データ出典:http://www.eiken.or.jp/eiken/merit/situation/
★他の英検攻略情報も見てみる(人気ブログランキング)



英検対策のネット教材-英検ネットドリル

旺文社の英検対策問題集とCDをひとつにまとめた、パソコン・タブレットで学べる本格派ネット教材、英検ネットドリル。

「旺文社 英検ネットドリル」は、英検受験者に必要な機能を豊富に搭載しており、ペーパー教材に比べ、はるかに効率的でスピーディーな学習を実現しています。

料金を払えば1年間使い放題なので、万一不合格になっても次の試験対策にも使えるので安心です!5級から準1級まで対応しています。

英検合格の必勝法【旺文社 英検ネットドリル】

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

でる順パス単英検5級
created by Rinker
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
英検
English Navi