TOEFL Speaking

TOEFL

TOEFL iBTのテスト時間短縮(2019年8月から)

試験時間が長く、かつマイクテストやSpeaking試験を行う周囲の声との闘いがあり、英語力のみならず長時間にわたって集中力を持続させることが試されるTOEFL iBTですが、その試験時間が30分短縮されることがアナウンスされました。Reading、Listening、Speakingそれぞれのセクションで変更があります。
TOEFL

【雑記】TOEFLテスト公式オンライン模試のキャンペーン

TOEFL受験対策の総仕上げとして有効なのが、TOEFL iBTテスト唯一の公式オンライン模試である「TOEFL iBT Complete Practice Test」です。そのオンライン模試が、2019年1月17日から2月28日の期間限定で値下げとなるキャンペーンを実施するということが発表されました。
TOEFL

TOEFLのリスコア(Rescore)について

一般的に資格試験等では、一度採点されたものが納得いかないからといって再度採点してもらうようなことはできません。しかし、TOEFLのSpeaking SectionとWriting Sectionに限っては「有料で」「1回の試験に対して1回のみ」再度採点してもらうことができます。これをリスコア(Rescore)とよびます。
TOEFL

TOEFL Speaking攻略 -試験対策

TOEFL Speakingは難易度が高いので一朝一夕で対策はできません。しかし、ポイントを意識した対策で一歩ずつ高得点獲得に向けて前に進めます。「テンプレートの活用」「回答しやすい選択肢を選ぶために嘘をつくのは構わない」及び「リスニング能力の強化」というのがスピーキング対策のポイントです。完璧な発音は求められません。
TOEFL

TOEFL Speaking攻略 -出題パターン

TOEFL Speakingは、6つの問題に対して口頭で回答する形式です。回答は対面式ではなくヘッドセットを通じて録音したものを採点官が採点する形となるので、双方向のコミュニケーション試験ではなく一方向の喋る試験です。一度回答した問題に戻ることはできず、制限時間中しか録音されないので制限時間を厳守する必要があります。
TOEFL

TOEFLの概要

TOEFL(トフルまたはトーフルと発音されますが、トイフルと発音する人もいるようです)とは Test of English as a Foreign Language の略で、英語を母国語としない人のための英語によるコミュニケーション能力を測るテストです。試験は4つのパートで構成され、総合的な英語の能力が測られます。