TOEFL iBTが変わりました!新TOEFL iBTの概要まとめ(2023年7月26日~)

TOEFL

約3時間にわたる長時間の試験として多くの受験者を苦しめていたTOEFL iBTですが、2023年7月26日の実施回より、試験時間が約2時間に短縮されました。もちろん短縮されたからと言って高スコアがとりやすくなるとか、簡単になるとかいう話ではありませんが、受験者にとっての負担は確実に軽減される試験となりました。実際の試験の変更点を確認していきましょう。

試験時間が短縮-Writingは出題形式が変更

一番大きな点として、全体の試験時間が短縮されたことが挙げられ、全体で約3時間だった試験時間が約2時間に変更となりました。また、Writingセクションでは1つの問題形式が変更されました。各セクションごとに、何が変更となって時間が短縮されたのか見てみましょう。

Reading-パッセージ数が減少、ダミー問題は廃止

過去の形式ではパッセージの数は3〜4つでした。新形式では2つに変更となりましたが、設問数は変わらず1パッセージあたり10問ずつです。スコアに反映されないダミー問題が撤廃されたため、試験時間が54~72分→35分と大幅に短縮されました。

Listening-ダミー問題は廃止、試験時間は短縮

過去の形式では講義形式が3~4題、対話形式が2~3題出題され設問数は28〜39問でしたが、新形式では講義形式が3題、対話形式が2題となり、設問数は28問となります。リーディングと同じくスコアに加算されないダミー問題が撤廃されたため、試験時間は41~57分→36分とこちらも大幅に短縮されました。

Speaking-変更なし(ナレーションの簡素化で時間は1分短縮)

Speakingセクションについてはタスク数などに変更はありません。各セクションのInstructionとナビゲーションが簡素化されたため、それに伴い試験時間は17分→16分と若干短縮されました。

Writing-Independent taskが廃止、Academic Discussion taskが新設

Writingセクションは、過去の形式で出題されていたIndependent taskが廃止され、Academic Discussion taskという新しい出題形式が導入されました。それに伴い試験時間は50分→29分と大幅に短縮されました。

Independent taskでは設問に対する自分の考えやその根拠を述べることが要求されていましたが、新設されたAcademic Discussion taskでは、Instruction、教授の質問、他の生徒の回答を読んだ後、他の生徒の意見も参考にしながら自分の意見を回答することが求められます。

TOEFLテスト日本事務局のQ&Aにも以下記載がある通り、Academic Discussion taskでは自分の意見を述べるだけではなく、教授のコメントやほかの学生の意見を十分に反映させた内容とする必要があります。

Q. WritingのAcademic Discussion taskでは2人の生徒が出した意見の両方に触れる必要はありますか。また、両方の意見に反対して別の視点から回答を書いてもよいのでしょうか

A. 受験者は教授の質問と2人の生徒の投稿をよく読まなければなりません。受験者の回答は、必ずしも他の投稿やアイデアをはっきりと言及する必要はありませんが、自分の意見が適切であることを確かにするために、他の生徒の立場を考慮した上で回答を作成する必要があります。

 

受験料は変更なし

試験時間は短縮となりましたが、残念ながら受験料の値下げとはなりませんでした・・・。受験料はUSドルベースでの支払いとなりますので為替レートの影響も少なくありませんが、一回の受験料の負担は小さくありません。少ない受験回数で目標のスコアを達成できるよう、しっかり準備して受験に臨みましょう!

 

TOEFLスピーキング・ライティング対策なら

TOEFL iBTのスピーキング・ライティングテストは独学での対策が非常に難しく、自宅で学習する場合には勉強法に悩む方も少なくないと思います。

オンライン英会話のベストティーチャーでは「TOEFL iBT対策コース」を提供しており、このコースでは、自分の回答を一度書いて講師に添削してもらい、それをもとに講師と英会話をするというスタイルでレッスンが行われます。

初めてTOEFL iBTを勉強する方や、TOEFL iBTで90点(そのうちSpeaking20点、Writing25点)程度を目指す方に最適なサービスとなっていますので、TOEFL初心者の方でも安心です!

SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」

★他のTOEFL関連情報も見てみる(人気ブログランキング)
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
TOEFL
English Navi