TOEFL Speaking攻略 -試験対策

TOEFL

Speaking対策:攻略のための3つのポイント

テンプレートを活用せよ

TOEFL_speaking_1

TOEFL Speakingでは、問題の内容こそ異なりますが、毎回同様のフォーマットで 問題は構成されています。そこで、各設問でしゃべるためのテンプレートを用意し、試験当日に喋れるように記憶しておくことが重要になります。(試験会場への持ち込みは一切できないので、テンプレートを記憶しておく必要があります)

例えばQuestion 1であれば

In my view ….. for two reasons.

First, …..

For example, …..

Second, …..

For instance, …..

That’s why …..

といった具合に、空欄の部分にそれぞれのケースを当てはめていけばよいということになります。

スポンサーリンク

遠慮せずに嘘をつけ

TOEFL_speaking_2

TOEFL Speakingは、対面式の試験ではないので喋ったことに対して更に問いがきたり、更に理由を深く聞かれたりすることはありません。従って、自分の考えを喋る設問については、自分が本当に思っていることを回答する必要はなく、「回答しやすい選択肢」を回答することで高得点が狙える可能性があります。

例えば、「学生時代にアルバイトをすることについて賛成か反対か」という設問に対して、本音では「勉強が本分なのでバイトをするべきではない!」と本心では思っていたとしても、それを裏付ける理由がしゃべりづらく、逆に「アルバイトをすると、社会経験もできるし、新しい人と知りあうことができるというメリットもあるな・・・」といった形で、逆の立場のほうがしゃべりやすければ 、Speakingの回答としては「アルバイトをすることには賛成。理由は2つあって・・・」としゃべったほうが、高得点が期待できるでしょう。

重要なのは、裏付ける理由を矛盾なくしっかりと説明することができるかどうかというところです。

 

Listening能力を強化せよ

TOEFL_speaking_3

Speakingのセクションでありながら6問中4問はIntegrated Questionであり、Listeningの能力が足りていなければ高得点は期待できません。Integrated Questionでは、自分の意見ではなく聞いて理解した内容をしっかりとしゃべる必要があり、Listeningの能力を向上させることが高得点獲得のカギとなります。

 

TOEFLスピーキング・ライティング対策なら

TOEFL iBTのスピーキング・ライティングテストは独学での対策が非常に難しく、自宅で学習する場合には勉強法に悩む方も少なくないと思います。

オンライン英会話のベストティーチャーでは「TOEFL iBT対策コース」を提供しており、このコースでは、自分の回答を一度書いて講師に添削してもらい、それをもとに講師と英会話をするというスタイルでレッスンが行われます。

初めてTOEFL iBTを勉強する方や、TOEFL iBTで90点(そのうちSpeaking20点、Writing25点)程度を目指す方に最適なサービスとなっていますので、TOEFL初心者の方でも安心です!

SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」

TOEFL Speaking攻略-出題パターンもあわせてお読みください■
★他のTOEFL攻略情報も見てみる(人気ブログランキング)

TOEFLテストスピーキング問題110

created by Rinker
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
TOEFL
Zackをフォローする
English Navi