TOEFL雑学

TOEFL

TOEFLはアメリカ英語?

TOEFL英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、ETSにより開発されました。では、TOEFLはアメリカで開発されたテストなので、アメリカ英語に基づくテストなのでしょうか?また、回答はイギリス英語等ではなく、アメリカ英語で回答したほうがよいスコアが取れるのでしょうか?
TOEFL

TOEFLとIELTSのスコアの関係

ETSは入学審査の際にTOEFLとIELTSのスコアを比較するのを手助けするという目的で、TOEFLとIELTSのスコア換算表を公開しています。これは、1,153名の受験データから導き出した換算表だとのことですが、TOEFLがIELTSの代替になったり、IELTSがTOEFLの代替になるわけではないので注意しましょう。
TOEFL

TOEFL試験会場には早めに行くべきか

TOEFLの場合、試験開始のタイミングは受付順で、人によって異なります。従って、TOEFLの場合集合時間は厳密に到着すべき時間として定められているわけではありません。会場に早く着くメリット・デメリット、また遅く着くメリット・デメリットがそれぞれありますので、自分のスタイルに合わせて会場に到着する時間を調整しましょう。
TOEFL

TOEFLを安く受験する裏技!?TOEFL受験料を節約するために

数ある英語試験の中でもTOEFLは受験料が高く、1回受験するのに230ドル(2016年2月時点)もかかる試験です。米ドルのレートにもよりますが、1回受験するだけで2万円~3万円もかかる試験ですので、できるだけ受験にかかる費用は節約したいものです。TOEFLを安く受験し、受験料を節約する方法について見ていきましょう。
TOEFL

I live in Tokyoとは

TOEFLを初めて受験された方は、試験会場に入った時に聞こえてくる"I live in Tokyo"の大合唱に圧倒されたことがあると思います。一体あの"I live in Tokyo"とは何なのでしょうか。受験をする上で重要なポイントではありませんが、初めてTOEFLを受験される方も一読いただき、心の準備をしましょう。
TOEFL

TOEFLの会場選び

TOEICや英検では、受験地のエリアを選ぶことはできますが、試験会場を自分で選択することはできません。一方TOEFLでは、申込の際に自分で試験会場を選ぶ必要があります。TOEFLを複数回違う会場で受験されている方はわかるように、試験会場の環境は会場によって異なり、よりよい環境で受験することは高得点獲得の助けとなります。