TOEFLはアメリカ英語?

TOEFLはアメリカ英語? TOEFL

TOEFL(Test of English as a Foreign Language)は、1964年に英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、アメリカの非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。

TOEFLはアメリカで開発されたテストなので、アメリカ英語に基づくテストなのでしょうか?また、回答はイギリス英語等ではなく、アメリカ英語で回答したほうがよいスコアが取れるのでしょうか?

スポンサーリンク

TOEFLはアメリカ英語以外も出題される

結論から言ってしまうと、TOEFLはアメリカ英語以外のアクセントも出題されます。ETSはそのことを公式にニュースリリースとして公表しており、「リスニングとスピーキングセクションにおいては北アメリカのアクセントに加えて、イギリス、ニュージーランド及びオーストラリアのアクセントもあり得る」としています。

従って、アメリカ英語のみの対策をしておけばいいという試験ではなく、各国のアクセントも含めた実用的な英語の能力が試される試験となっています。

 

ライティングやスピーキングはアメリカ英語でなくてはならないのか

こちらも結論から言ってしまうと、高得点を獲得するのにアメリカ英語を使う必要はないようです。オンラインで英語教材を提供するABA(American and British Academy)によると、「ハイスコアを獲得するために、アメリカ英語を使う必要はない(“You do not need to use American English to get a high score on the TOEFL”)」と解説されています。

 

一方、アメリカ英語とイギリス英語の一貫性は必要だとも述べており「スピーキングセクションとライティングセクションにおいて、アメリカ英語とイギリス英語を混在させるべきではない(“Ideally, during the TOEFL speaking section and writing section, you should not change between American and British English (or other types of English).”)」とも述べています。

 

これは、日本語でも標準語を話していた人が突然関西弁でしゃべり出したら不自然に聞こえるのと同じで、一貫性が必要であるということは理解できるでしょう。ライティングセクションにおいても、アメリカ英語とイギリス英語の混在(例えばcenterとcentreの混在)は不自然に見えるのでやめたほうが無難でしょう。

 

ただ、「もし混在していたとしても大して重大な問題ではなく、重要なのは正しい単語と文法を用いること(“But even if you do switch a bit, it is not extremely important. It’s more important that you are using correct English words and grammar so that you are understandable to an English-speaking audience.”)」とも述べられており、そんなに神経質になる必要はないようです。

 

出典:ABA Teacher’s BLOG American or British English on the TOEFL

 

TOEFLスピーキング・ライティング対策なら

TOEFL iBTのスピーキング・ライティングテストは独学での対策が非常に難しく、自宅で学習する場合には勉強法に悩む方も少なくないと思います。

オンライン英会話のベストティーチャーでは「TOEFL iBT対策コース」を提供しており、このコースでは、自分の回答を一度書いて講師に添削してもらい、それをもとに講師と英会話をするというスタイルでレッスンが行われます。

初めてTOEFL iBTを勉強する方や、TOEFL iBTで90点(そのうちSpeaking20点、Writing25点)程度を目指す方に最適なサービスとなっていますので、TOEFL初心者の方でも安心です!

SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」

★他のTOEFL攻略情報も見てみる(人気ブログランキング)

Official Guide to the TOEFL Test with DVD-ROM (5th Edition)(TOEFL公認ガイド 第5版)DVD-ROM付き
created by Rinker
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
TOEFL
Zackをフォローする
English Navi