TOEFL攻略

TOEFL

TOEFL iBTのテスト時間短縮(2019年8月から)

試験時間が長く、かつマイクテストやSpeaking試験を行う周囲の声との闘いがあり、英語力のみならず長時間にわたって集中力を持続させることが試されるTOEFL iBTですが、その試験時間が30分短縮されることがアナウンスされました。Reading、Listening、Speakingそれぞれのセクションで変更があります。
TOEFL

【雑記】TOEFLテスト公式オンライン模試のキャンペーン

TOEFL受験対策の総仕上げとして有効なのが、TOEFL iBTテスト唯一の公式オンライン模試である「TOEFL iBT Complete Practice Test」です。そのオンライン模試が、2019年1月17日から2月28日の期間限定で値下げとなるキャンペーンを実施するということが発表されました。
TOEFL

TOEFL ITPテストとは

TOEFL ITPは紙ベースで受験をする団体試験専用のテストです。個人での申込はできず、また海外の大学でTOEFLのスコアが要求されている場合には、ITPのスコアを公式スコアとして提出することはできません。試験の形式はTOEFL PBTと同様で、最高点は677点、最低点は300点に設定されています。
TOEFL

TOEFLはアメリカ英語?

TOEFL英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、ETSにより開発されました。では、TOEFLはアメリカで開発されたテストなので、アメリカ英語に基づくテストなのでしょうか?また、回答はイギリス英語等ではなく、アメリカ英語で回答したほうがよいスコアが取れるのでしょうか?
TOEFL

TOEFL会場情報(口コミ)募集

TOEFL受験お疲れさまでした!English Naviでは今後TOEFLを受験される方に参考になるよう、TOEFL試験会場の良し悪しについて皆様からの口コミ情報を募集しております。後にTOEFLを受験される方の役に立つ情報ですので、TOEFL会場情報提供フォームより皆様の実際の受験を通じた口コミ情報をお寄せください!
TOEFL

TOEFL会場選びの4つのポイント

TOEICや英検では、受験地のエリアを選ぶことはできますが、試験会場を自分で選択することはできません。一方TOEFLでは、申込の際に自分で試験会場を選ぶ必要があります。TOEFLを複数回違う会場で受験されている方はわかるように、試験会場の環境は会場によって異なり、よりよい環境で受験することは高得点獲得の助けとなります。
TOEFL

TOEFL Writing攻略 -試験対策

TOEFL Writingは難易度が高いので一朝一夕で対策はできません。しかし、ポイントを意識した対策で一歩ずつ高得点獲得に向けて前に進むことができます。「テンプレートの活用」「回答しやすい選択肢を選ぶためにうそをつくのは構わない」「リスニング能力の強化」及び「ケアレスミスへの注意」がライティング対策のポイントです。
TOEFL

TOEFL Speaking攻略 -試験対策

TOEFL Speakingは難易度が高いので一朝一夕で対策はできません。しかし、ポイントを意識した対策で一歩ずつ高得点獲得に向けて前に進めます。「テンプレートの活用」「回答しやすい選択肢を選ぶために嘘をつくのは構わない」及び「リスニング能力の強化」というのがスピーキング対策のポイントです。完璧な発音は求められません。
TOEFL

TOEFL Listening攻略 -試験対策

TOEFL Listeningは難易度が高いので一朝一夕で対策はできず、特にリスニング対策は時間がかかります。しかし、ポイントを意識した対策で一歩ずつ高得点獲得に向けて前に進むことができます。「メモは大事だがメモ取りに集中しすぎない」「会話問題への確実な回答」及び「長期間の学習プラン」がリスニング対策のポイントです。
TOEFL

TOEFL Reading攻略 -試験対策

TOEFL Readingは難易度が高いので一朝一夕に対策はできません。しかし、ポイントを意識した対策により高得点獲得に向けて前に進めます。「ボキャブラリーの強化」「パラグラフ毎の回答」「長文への慣れ」がリーディング対策のポイントで、語彙力はTOEFL英単語3800のRank 3までをマスターしておくことが必須でしょう。