*

マイルを使って海外留学・海外旅行に行こう!

公開日: : 最終更新日:2018/05/16 留学, 英語学習全般

海外留学・海外旅行に行く際に大きな費用負担となるもののひとつは渡航に必要となる飛行機代です。近距離であればLCCを活用するなどして数万円からチケットを購入することもできますが、欧米への留学となればそうは行きません。また、近場であったとしても少しでも費用を抑えたいというのが本音でしょう。

そこで飛行機代を抑える手段として有効なのが、航空会社のマイレージを活用して渡航を実現するということです。「マイルを貯めるためには飛行機に乗らなくてはいけない・・・でも飛行機に乗るためにはお金がかかる・・・でもお金がないので飛行機にはそんな頻繁に乗れない・・・」と考える方も少なくないかもしれませんが、飛行機に乗る以外にも航空会社のマイルを貯める方法はあります。ここでは、日本人のみなさんがマイルをためやすく、そして活用しやすいJAL及びANAのマイルのため方について紹介していきます。

スポンサーリンク

 

海外留学・海外旅行に行くためにマイルを貯める方法は、大きく分けて

① 飛行機に乗る
② 航空会社のクレジットカードを使う
③ ポイントサイトでポイントを貯めてマイルに交換する

という3つの方法があります。それぞれ単独でもマイルを貯めることはできますが、それぞれを併用することによりマイルをより効率的に貯めることが可能となります。例えば、ポイントサイトでANAカードまたはJALカードを作り(③)、そのカードを使って航空券を購入して(②)、実際に飛行機に搭乗する(①)ことでマイルを貯める、といったことを行えば単に航空券を購入して飛行機に乗るときと比べて、マイルの二重取り、三重取りが可能となります。もちろんこの場合は、航空券を使うのにお金がかかりますが、「航空券を買う予定も無ければお金もない」といった方も、③のポイントサイトをうまく活用することによりお金をかけずにポイントを貯め、マイルに交換していくことが可能です。

JAL派、ANA派、気にしない派、それぞれの方がいらっしゃると思いますので、以下、JALとANAでそれぞれのマイルの貯め方を見てきます。「JALとANAどちらがいいの?」という質問もあるかもしれませんが、それぞれの方の好みと目的によります。例えばJALはワンワールドに加盟しており、ANAはスターアライアンスに加盟しているという違いがあります。それぞれのアライアンスで加盟している航空会社が異なり就航先も異なりますので、自分が留学したい先、あるいは旅行したい先が決まっているという方は、自分が渡航したい先にそれぞれのアライアンスの航空会社が就航しているか、といった点を参考に決めていってもいいかもしれません。また、ポイントサイトを中心にマイルを貯める場合にはANAのほうがためやすいといった側面もありますので、そのあたりを総合的に考えるとよいと思います。

マイルを貯めて留学・旅行に行く方法(JAL編)

※ANA編はこちらをクリックしてください。

海外留学・海外旅行に行くためにマイルを貯める方法は、大きく分けて

① 飛行機に乗る
② JALのクレジットカード(JALカード)を使う
③ ポイントサイトでポイントを貯めてマイルに交換する

という3つの方法があります。

 

飛行機に乗る

JALのマイルを貯めるための王道は、JALの飛行機に乗ることです。飛行機に搭乗することで、その運賃クラスや会員ステータス、飛行距離に応じてマイルを貯めることができます。

例えば、東京からニューヨークまでエコノミークラスを利用したとします。JALの東京-ニューヨーク間のフライトマイルは6,723マイルと定められています。しかし、実際に搭乗して得ることができるフライトマイルは運賃クラスやステータスによって異なります。例えば、同区間をエコノミークラス運賃3(航空券上のクラス:L、V、S)で、JALマイレージクラブ会員(ステータス:なし)が搭乗した場合に得られるマイルは、片道で3,362マイル、往復で6,724マイルとなります。

同じ運賃クラス・ステータスでももっと多くのマイルを獲得する方法は、後述のJALカードの会員になることです。例えば、同じ運賃クラス(エコノミークラス運賃3)で同じ会員ステータス(ステータス:なし)だっとしても、JALカードCLUB-Aゴールド会員であればフライトマイルの25%をボーナスマイルとして受け取ることができ、片道で4,203マイル、往復で8,406マイルを得ることができ、その差は歴然です。

フライトマイルはここで簡単に調べることができます。

また、JALのマイルはJALが加盟しているワンワールドの各航空会社(以下一覧参照)のフライトでも貯めることができます。例えば北米への便であればアメリカン航空、オーストラリアへの便であればカンタス航空、といった航空会社が対象となります。したがって、例えばアメリカ留学中にアメリカン航空のアメリカ国内線を利用した場合にも、JALのマイルを貯めるといったことが可能です。

付与されるマイルはJALを利用したときと同様に、運賃クラスや距離によって異なります。また、運賃クラスや区間によってはマイルが付与されないケースもありますので、事前にこちらで確認をしておきましょう。

JAL国内線の予約はこちらから可能です。

JAL 日本航空
JALの航空券予約でお得な早割運賃!4つの先得プラン

 

JAL国際線の予約はこちらから可能です。

JAL 日本航空 国際線航空券
JAL 国際線航空券

 

また、フライト単独での予約ではなく、JALが提供する旅行ツアーやホテル宿泊の申込みでもマイルを貯めることができます。


【航空券+ホテル】JALダイナミックパッケージ


JAL海外ダイナミックパッケージ

 

JALカードを使う

飛行機に乗ること無くJALのマイルを貯める方法の一つは、JALカードを利用することです。JALカードを利用することで、利用金額に応じてJALのマイルを貯めることができる他、上述のようにフライトマイルのボーナスマイルを獲得することができます。また、「入会搭乗ボーナス」や「毎年初回搭乗ボーナス」といったボーナスマイルももらえますので、カードを利用してJALの便を利用することがマイル獲得に向けた近道となります。

JALカードはこちら で申し込むことができますが、より多くのマイルを貯めるために、以下で紹介するポイントサイト経由でカードの申込みをすることを強くオススメします!

 

ポイントサイトでポイントを貯めてマイルに交換する

飛行機に乗ること無くJALのマイルを貯めるもう一つの方法は、ポイントサイトでポイントを貯めてJALのマイルに交換するという方法です。ポイントサイトとは、特定のウェブサイトを経由してサービスの申込みやショッピングをしたり、あるいはアンケートに応えたり簡単なミニゲームを行うことでポイントをため、マイルや他社のポイント、あるいは現金等に交換できるサービスのことです。

ここでは、ポイントサイト大手のECナビを紹介します。ECナビは、株式会社VOYAGE GROUPというポイントメディア事業者が運営するポイントサイトで、業界大手のポイントサイトとなります。その会員数は500万人を超えており、安心して利用できるポイントサイトです。ここでは、①ECナビへの登録の仕方、②ECナビでのJALカードの申込みの仕方、③ポイントのJALマイルへの交換の仕方、④ポイントを沢山貯めるコツ、について紹介します。

 

①ECナビへの登録の仕方

ECナビへの登録は当然無料で、以下のバナーから簡単に行う事ができます。

陸マイラー始めるならECナビ 500ポイントプレゼント!

バナーをクリックした後に表示される画面でメールアドレスを入力して仮登録を実施した後、届いたメールの指示に従って名前や生年月日、ログインに必要なパスワード等を登録すれば完了です。上のバナー経由で申し込みをすれば、登録するだけで500ポイント(50円相当)がもらえますので、まずは気軽に登録してみて下さい。

 

②ECナビでのJALカードの申込みの仕方

登録が完了すればあとは各種サービスを利用してポイントを貯めていくだけです。ここではJALカードの申込み方法を紹介します。(画面はPC版のものです)

 

まずECナビにログインをし、「サービス検索」のテキストボックスに「JALカード」と打ち込んで「検索」をクリックします。

すると、JALカードの申込みに関連する案件の一覧が表示されますので、付与されるポイントを確認した上で自分が申し込みをしたいカードをクリックします。

該当するカードのポイント付与条件等が表示されますので、よく確認をした上で「ポイントGETはこちら!」をクリックして申し込み手続きをすれば完了です。

クレジットカードの審査を無事通り、カードが発行された後にECナビのポイントが付与されます。ポイントが付与される時期の目安は案件により異なり、ポイント付与条件に記載がありますので、そちらをご確認下さい。

ここではJALカードの申込みの仕方について紹介しましたが、他のサービスやネットショッピングの利用でも基本的なプロセスは同じです。

 

③ポイントのJALマイルへの交換の仕方

ECナビのポイントですが、実は直接JALのマイルに交換することはできません。ECナビのポイントは「PeXポイント」「Amazonギフト件」「iTunesギフト」にしか交換することができず、JALのマイルに交換するためにはPeXポイントに交換する必要があります。PeXポイントに交換するためにはPeXへの登録が必要です。ちなみにこのPeXもECナビと同じ会社が運営しているサイトとなりますので、ECナビ同様に簡単に安心して利用することができます。

PeXポイントに交換することができれば、晴れてJALのマイルに交換することができます。PeXポイントからJALのマイルへの交換レートは4000ポイントに対して100マイル(2018年5月現在)となっています。

ちなみPeXポイントのJALマイルへの交換ですが、直接交換するのではなく他のポイント等を経由することでより多くのマイルに交換することも可能です。交換のための時間と手間はかかりますが、ポイ探等でその方法を調べることもできますので一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

④ポイントを沢山貯めるコツ

JALのマイルに交換することを考えると、JALカード1枚作っただけでは特典航空券に交換できるほどの多くのポイントを獲得することはできません。ポイントを沢山貯めるためには、他の高ポイント付与案件にも申し込みをすること、普段のオンラインショッピングを極力ECナビ経由で行うこと、アンケート(リサーチパネル)等に継続して取り組むことが必要です。特に高ポイント付与案件は、年会費無料のクレジットカードへの入会や金融機関の口座開設等、一生に一度しか取り組めない案件ではあるものの特段の支出無く獲得できる案件も数多く存在しているので、そういった案件を逃さずこなしていくことがポイントを沢山貯めるためのコツとなります。

 

いずれにせよ、まずはECナビへの登録から始まります。登録及びサイトの利用は簡単で無料ですので、まずは登録してみてください。以下のバナー経由で申し込みをすれば、登録するだけで500ポイント(50円相当)がもらえます!

陸マイラー始めるならECナビ 500ポイントプレゼント!

 

ちなみに貯めたJALマイルを航空券に交換するには、特典航空券に交換する方法だけではなく、e JALポイントに交換した上で航空券を購入するという方法もあります。特典航空券だと自分の希望する便に空席がないことも少なくないので、e JALポイントに交換してからそれを充当して航空券を購入するという方法も検討してみましょう。(特典航空券はフライトマイルの付与はありませんが、e JALポイントを使って購入した航空券にはフライトマイルがつくので、マイルの付与という観点ではこちらのほうが得になるようなケースも考えられます)

 

マイルを貯めて留学・旅行に行く方法(ANA編)

※JAL編はこちらをクリックしてください。

海外留学・海外旅行に行くためにマイルを貯める方法は、大きく分けて

① 飛行機に乗る
② ANAのクレジットカード(ANAカード)を使う
③ ポイントサイトでポイントを貯めてマイルに交換する

という3つの方法があります。

 

飛行機に乗る

ANAのマイルを貯めるための王道は、ANAの飛行機に乗ることです。飛行機に搭乗することで、その運賃クラスや会員ステータス、飛行距離に応じてマイルを貯めることができます。

例えば、東京からニューヨークまでエコノミークラスを利用したとします。ANAの東京-ニューヨーク間のフライトマイルは6,723マイルと定められています。しかし、実際に搭乗して得られるフライトマイルは運賃クラスやステータスによって異なります。例えば、同区間をエコノミークラス(航空券上のクラス:V、W、S、T)で、ANAマイレージクラブ会員(ステータス:なし)が搭乗した場合に得られるマイルは、片道で3,361マイル、往復で6,722マイルとなります。

同じ運賃クラス・ステータスでももっと多くのマイルを獲得する方法は、後述のANAカードの会員になることです。例えば、同じ運賃クラス(エコノミークラス、航空券上のクラス:V、W、S、T)で同じ会員ステータス(ステータス:なし)だっとしても、ANAカードゴールド会員であればフライトマイルの25%をボーナスマイルとして受け取ることができ、片道で4,201マイル、往復で8,402マイルを得ることができ、その差は歴然です。

フライトマイルはここで簡単に調べることができます。

また、ANAのマイルはANAが加盟しているスターアライアンスの各航空会社(以下一覧参照)のフライトでも貯めることができます。例えば北米への便であればエアカナダやユナイテッド航空、シンガポールへの便であればシンガポール航空、といった航空会社が対象となります。したがって、例えばアメリカ留学中にユナイテッド航空のアメリカ国内線を利用した場合にも、ANAのマイルを貯めるといったことが可能です。JALが加盟しているワンワールドと比べて、スターアライアンスのほうが加盟している航空会社の数が多いことも特徴の一つです。

付与されるマイルはANAを利用したときと同様に、運賃クラスや距離によって異なります。また、運賃クラスや区間によってはマイルが付与されないケースもありますので、事前にこちらで確認をしておきましょう。

また、フライト単独での予約ではなく、ANAが提供する旅行ツアーやホテル宿泊の申込みでもマイルを貯めることができます。
ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】
@ホテル プラスマイル特集

 

ANAカードを使う

飛行機に乗ること無くANAのマイルを貯める方法の一つは、ANAカードを利用することです。ANAカードを利用することで、利用金額に応じてANAのマイルを貯めることができる他、上述のようにフライトマイルのボーナスマイルを獲得することができます。また、「入会ボーナス」や「継続ボーナス」といったボーナスマイルももらえますので、カードを利用してANAの便を利用することがマイル獲得に向けた近道となります。

ANAカードはこちらで申し込むことができますが、より多くのマイルを貯めるために、以下で紹介するポイントサイト経由でカードの申込みをすることを強くオススメします!

わざわざポイントサイトに登録して申し込みするのも面倒・・・という方は、以下のリンクからも申し込みができます。申し込みと利用キャンペーンマイルも貯まります。(キャンペーン実施時のみ)

ANA AMEXカードの申込みはこちら

ANA AMEXゴールドカードの申込みはこちら

 

ポイントサイトでポイントを貯めてマイルに交換する

飛行機に乗ること無くANAのマイルを貯めるもう一つの方法は、ポイントサイトでポイントを貯めてANAのマイルに交換するという方法です。ポイントサイトとは、特定のウェブサイトを経由してサービスの申込みやショッピングをしたり、あるいはアンケートに応えたり簡単なミニゲームを行うことでポイントをため、マイルや他社のポイント、あるいは現金等に交換できるサービスのことです。

ここでは、ポイントサイト大手のECナビを紹介します。ECナビは、株式会社VOYAGE GROUPというポイントメディア事業者が運営するポイントサイトで、業界大手のポイントサイトとなります。その会員数は500万人を超えており、安心して利用できるポイントサイトです。ここでは、①ECナビへの登録の仕方、②ECナビでのANAカードの申込みの仕方、③ポイントのANAマイルへの交換の仕方、④ポイントを沢山貯めるコツ、について紹介します。

 

①ECナビへの登録の仕方

ECナビへの登録は当然無料で、以下のバナーから簡単に行う事ができます。

陸マイラー始めるならECナビ 500ポイントプレゼント!

バナーをクリックした後に表示される画面でメールアドレスを入力して仮登録を実施した後、届いたメールの指示に従って名前や生年月日、ログインに必要なパスワード等を登録すれば完了です。上のバナー経由で申し込みをすれば、登録するだけで500ポイント(50円相当)がもらえますので、まずは気軽に登録してみて下さい。

 

②ECナビでのANAカードの申込みの仕方

登録が完了すればあとは各種サービスを利用してポイントを貯めていくだけです。ここではANAカードの申込み方法を紹介します。(画面はPC版のものです)

まずECナビにログインをし、「サービス検索」のテキストボックスに「ANAカード」と打ち込んで「検索」をクリックします。

すると、ANAカードの申込みに関連する案件の一覧が表示されますので、付与されるポイントを確認した上で自分が申し込みをしたいカードをクリックします。

該当するカードのポイント付与条件等が表示されますので、よく確認をした上で「ポイントGETはこちら!」をクリックして申し込み手続きをすれば完了です。

クレジットカードの審査を無事通り、カードが発行された後にECナビのポイントが付与されます。ポイントが付与される時期の目安は案件により異なり、ポイント付与条件に記載がありますので、そちらをご確認下さい。

ここではANAカードの申込みの仕方について紹介しましたが、他のサービスやネットショッピングの利用でも基本的なプロセスは同じです。

 

③ポイントのANAマイルへの交換の仕方

ECナビのポイントですが、実は直接ANAのマイルに交換することはできません。ECナビのポイントは「PeXポイント」「Amazonギフト件」「iTunesギフト」にしか交換することができず、ANAのマイルに交換するためにはPeXポイントに交換する必要があります。PeXポイントに交換するためにはPeXへの登録が必要です。ちなみにこのPeXもECナビと同じ会社が運営しているサイトとなりますので、ECナビ同様に簡単に安心して利用することができます。

PeXポイントに交換することができれば、晴れてANAのマイルに交換することができます。PeXポイントからANAのマイルへの交換レートは1000ポイントに対して100マイル(2018年5月現在)となっています。

ちなみPeXポイントのANAマイルへの交換ですが、直接交換するのではなく他のポイント等を経由することでより多くのマイルに交換することも可能です。交換のために時間と手間はかかりますが、ポイ探等でその方法を調べることもできますので一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、ANAの場合マイルではなくPexポイントをANAスカイコインに交換することも可能です。ANAスカイコインは特典航空券への交換ではなく、航空券やツアーの購入に利用できる金券相当のものですので、どちらに交換したほうが得なのかをよく考えて交換することも重要です。

 

④ポイントを沢山貯めるコツ

ANAのマイルに交換することを考えると、ANAカード1枚作っただけでは特典航空券に交換できるほどの多くのポイントを獲得することはできません。ポイントを沢山貯めるためには、他の高ポイント付与案件にも申し込みをすること、普段のオンラインショッピングを極力ECナビ経由で行うこと、アンケート(リサーチパネル)等に継続して取り組むことが必要です。特に高ポイント付与案件は、年会費無料のクレジットカードへの入会や金融機関の口座開設等、一生に一度しか取り組めない案件ではあるものの特段の支出無く獲得できる案件も数多く存在しているので、そういった案件を逃さずこなしていくことがポイントを沢山貯めるためのコツとなります。

 

いずれにせよ、まずはECナビへの登録から始まります。登録及びサイトの利用は簡単で無料ですので、まずは登録してみてください。以下のバナー経由で申し込みをすれば、登録するだけで500ポイント(50円相当)がもらえます!

陸マイラー始めるならECナビ 500ポイントプレゼント!

 

ちなみに貯めたANAマイルを航空券に交換するには、特典航空券に交換する方法だけではなく、ANAスカイコインに交換した上で航空券を購入するという方法もあります。特典航空券だと自分の希望する便に空席がないことも少なくないので、ANAスカイコインに交換してからそれを充当して航空券を購入するという方法も検討してみまそう。(特典航空券はフライトマイルの付与はありませんが、ANAスカイコインを使って購入した航空券にはフライトマイルがつくので、マイルの付与という観点ではこちらのほうが得になるようなケースも考えられます)

 

【番外編】スルガ銀行ANA支店の口座をひらく

ANAマイルを貯める手段としての番外編は、スルガ銀行ANA支店にて取引をするという手段です。スルガ銀行ANA支店に口座を開き、給与振込や投資信託の購入、定期預金の預け入れやVISAデビットの利用等でマイルが溜まっていきます。多くのマイルを貯めるためにはそれなりの預入金額や取引が必要となりますが、気づかないうちに小さくコツコツ貯めていくという使い方ができますので、社会人の皆さんはぜひお試し下さい。

スルガ銀行ANA支店
銀行取引でどんどんマイルがたまる!!スルガ銀行ANA支店

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


関連記事


関連記事

フィリピン留学のススメ(3つのメリット・デメリット)

英語留学と言えばメジャーな留学先は欧米ですが、英語学習のための留学先としてフィリピンを選ぶ人

記事を読む

イギリス留学のススメ(3つのメリット・デメリット)

日本人の英語留学の留学先としてはアメリカやオーストラリアに後塵を拝しているイギリスですが、依

記事を読む

日本人留学生(大学生等)数の推移

JASSO(独立行政法人日本学生支援機構)では、平成16年度以降「協定等に基づく日本人学生留

記事を読む

費用面で留学を諦めていた人たちに嬉しい企画 “One project”

留学してみたい!一度は海外に住んでみたい! でも留学するためにはお金がかかるから数年後

記事を読む

アイルランド留学のススメ(3つのメリット・デメリット)

みなさん、ヨーロッパへの英語留学と言えば留学先としてどこを思い浮かべるでしょうか?おそらくほ

記事を読む

ニュージーランド留学のススメ(3つのメリット・デメリット)

南半球の英語学習の留学先としてオーストラリアと人気を二分するニュージーランド。自然豊かな環境

記事を読む

カナダ留学のススメ(3つのメリット・デメリット)

北米の留学先として一番人気があるのはアメリカですが、カナダも留学先として長年にわたり人気の高

記事を読む

オーストラリア留学のススメ(3つのメリット・デメリット)

南半球の英語学習の留学先としてニュージーランドと人気を二分するオーストラリア。自然豊かな環境

記事を読む

アメリカ留学のススメ(3つのメリット・デメリット)

「英語留学をしたい!」と思って、最初に思い浮かべる留学先は「アメリカ!」という方も少なくない

記事を読む

Amazonプライムで英語学習

皆さん、Amazonプライムは利用していますか?「Amazonで買い物はするけど、Amazo

記事を読む


  • スポンサーリンク

  • 管理人:Zack(日本人です)
    国内某大手企業勤務のサラリーマン。
    英検1級、TOEIC985点。
    連絡先:コチラ または contact (at) english-navi.biz


     
PAGE TOP ↑