英検1級

英検

2019年英検リニューアルのポイント(検定料の値上げ)

2016年度、2017年度に四技能化等の流れで大幅にリニューアルされた英検ですが、2019年は受験者にとってはあまりうれしくないリニューアルが実施されます。それは、受験料(検定料)の改定(値上げ)です。値上げ幅は英検3級や英検4級で非常に大きく設定されており、受験者の負担も少なくありません。
英検

英検二次試験(級別)の合格率

英検®二次試験の合格率に関するデータについては、残念ながら2012年度以降のデータは公開されなくなりました。二次試験の内容や形式そのものは過去の試験から大きな変更がなく、合格率を大幅に変更することは過去の試験の合格者と現在の試験の合格者のレベルを変えてしまうことになり得るため、過去の傾向から大きな変更はないと推測されます。ここでは、2007年度から2011年度までの年度別・級別の合格率を見ていきます。やや古いデータとなりますが、参考にしてみてください。
英検

英検1級のレベル・難易度

英検1級は「英検の最終目標」であり、資格を取得することによって入試優遇、単位認定の活用ができる他、通訳案内士試験の外国語(英語)の筆記試験が免除されるなど、様々なメリットがある級となっています。その英検1級の取得は非常に困難なレベルとも言われていますが、実際のところどれほどの難易度なのでしょうか。英検1級の合格率や合格点、TOEICとの比較等を通じてその難易度を見ていってみましょう。
英検

通信講座で英検対策

通信教育には、書籍での独学や通学とは違うメリット・デメリットがあります。「書籍だと自分のペースで学習できるけど勉強のペースがなかなかつかめない」といった方や、「通学は費用が高く、スケジュールを調整するのが難しい」といった方は、日本英語検定協会自らが提供する通信講座を活用してみてはいかがでしょうか?
英検

英検1級二次試験に出題されたトピック(2015~)

英検1級二次試験で出題されるトピックは、社会生活一般、芸術、文化、歴史、教育、科学、自然・環境、医療、テクノロジー、ビジネス、政治など多岐に渡ります。もちろん専門家レベルの前提知識や深い議論は求められませんが、どんなトピックが出てきても自分の意見をしっかりとした論拠に基づいて主張していくことが求められます。
英検

英検(級別)の合格率

英検の合格率や合格者数は一律で定められているわけではないので、「上位何%の受験者が合格」あるいは「上位何名の受験者が合格」といった試験ではありません。ここでは、過去試験(2010年度以降)の年度別・級別の合格率を見ていきます。年度別に変動はありますが、級ごとにおおよそ合格率は一定となっています。
英検

2016年英検リニューアルのポイント

実用英語技能検定(英検)は、全級の4技能化(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)に向けたの取り組みの一環として、2016年度第1回試験より試験内容等が大きくリニューアルされます。それに伴い、各級の合否判定方法や問題形式が変更となりますので、受験する級がどのように変わるのか事前に確認しておきましょう。
英検

英検(級別)の合格点

英検の一次試験が終わるとホッとするのもつかの間、自分が合格しているのかどうかが気になるところでしょう。また、3級以上の級を受験している方は、二次試験の準備を始めるべきかどうか気になるところかと思います。ここでは過去に行われた試験(一次試験)の級別の合格点及び得点率についてまとめておりますので、参考にしてみてください。
英検

英検1級二次試験に出題されたトピック(2006~2008)

英検1級二次試験で出題されたトピックの2006年から2008年分を掲載しています。10年近く前に出題された二次試験トピックではありますが、あまり時事ネタ的なトピックは多くなく、社会生活一般、芸術、文化、歴史、教育、科学、自然・環境、医療、テクノロジー、ビジネス、政治など幅広い分野から出題されていることがわかります。
英検

英検1級二次試験に出題されたトピック(2009~2011)

英検1級二次試験で出題されたトピックの2009年から2011年分を掲載しています。全てのトピックに対応できるだけの準備をしておく必要はありませんが、トピックの一覧を見て自分の知識や経験に基づく、自分なりの論理展開でスピーチを行うことができるかどうかを過去のトピックから確認しておくことは英検1級二次試験の本番で役立ちます。