*

TOEICテストの概要

公開日: : 最終更新日:2018/04/02 TOEIC

TOEICとは

TOEIC(トーイックと発音します)とはTest oEnglish for International Communicationの略で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。

全世界で年間700万人(2012年)、日本国内では年間240万人(2014年度)が受験する、非常にポピュラーな試験です。

スポンサーリンク

3種類のTOEIC

TOEICは3種類あり、一般向けのReadingとListeningがセットになったTOEIC Listening & Reading Test、初級者向けでReadingとListeningがセットになったTOEIC Bridge Test、そしてSpeakingとWritingがセットになったTOEIC Speaking & Writing Testの3種類です。

一般的に「TOEICは何点?」などという場合には1番めのTOEIC Listening & Reading Testを指すことが多く、受験者数も一番多いのがこのTOEIC Listening & Reading Testです。

 

TOEIC L&R Testのスコア

TOEICテストには合否はなく、ReadingとListeningそれぞれのパートが5点から495点までで評価され、合計10点から990点までの5点刻みでのスコア評価となります。

 

TOEIC L&R Testの構成

TOEICテストは、全7パートから構成され、Part 1からPart 4までがListening、Part 5からPart 7までがReadingパートです。試験はListeningパートが前半で45分・100問、Readingパートが後半で75分100問ということになっていますが、試験の回によっては、Listeningパートが46分で、試験時間が1分長いというパターンもあります。

それぞれのパートの概要・攻略法については以下のページを参照してください。

Part 1:写真描写問題

Part 2:応答問題

Part 3:会話問題

Part 4:説明文問題

Part 5:短文穴埋め問題

Part 6:長文穴埋め問題

Part 7:読解問題

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


関連記事


関連記事

TOEIC Part 5(短文穴埋め問題)攻略法と対策

Part 5(短文穴埋め問題)の形式 Part 5の短文穴埋め問題は、不完全な文章を完成させるため

記事を読む

TOEIC Part 3(会話問題)攻略法と対策

Part 3(会話問題)の形式 Part 3の会話問題は、複数の人物による会話が放送され、それぞれ

記事を読む

TOEIC SWのProficiency Level Descriptors (Speaking)

Proficiency Level Descriptorsとは TOEICでは、Profi

記事を読む

TOEIC SWのProficiency Level Descriptors (Writing)

Proficiency Level Descriptorsとは TOEICでは、Profi

記事を読む

就職活動(新卒採用)とTOEIC

就職活動の時期になると、「TOEICを受けなきゃいけない!」といっている大学生や、「就職活動

記事を読む

TOEICテストで高得点を獲得するための時間配分

TOEICテストは時間との戦い TOEICテストで満点近くを安定して獲得できるような一部の

記事を読む

新形式TOEIC(第210回公開テスト以降)の変更ポイント

IIBC (一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会)は2015年11月5日に、第21

記事を読む

TOEICのスコアと英検®の級との関係

それぞれの英語の試験では出題される形式もレベルも違うので、それぞれの試験のスコアやランクを直

記事を読む

TOEICは世界で通用する試験なのか

TOEICは、TOEFLやSAT、GREと同様に米国にある非営利テスト開発機関である Edu

記事を読む

TOEIC Part 1 (写真描写問題)攻略法と対策

Part 1(写真描写問題)の形式 Part 1の写真描写問題は、1枚の写真について最も的確に描写

記事を読む


  • スポンサーリンク

  • 管理人:Zack(日本人です)
    国内某大手企業勤務のサラリーマン。
    英検1級、TOEIC985点。
    連絡先:コチラ または contact (at) english-navi.biz


     
PAGE TOP ↑