*

TOEFL Reading攻略 -試験対策

公開日: : 最終更新日:2017/05/05 TOEFL ,

Reading対策:攻略のための3つのポイント

ボキャブラリーを強化せよ

TOEFL_reading_1

TOEFL Readingを攻略する上で、ボキャブラリーの強化は避けては通れない道です。

もちろん、どれだけボキャブラリーを強化したところで、知らない単語が出てくる可能性はあります。知らない単語が少なければ、知らない単語が出てきても前後の文脈から意味を類推することはできるでしょうし、文章を読み進める上でそれほど大きな支障となることもないでしょう。しかし、知らない単語が多ければ文章そのものを理解することができなくなり、また、意味を類推しながら読む必要が出てくるため、余計に時間を費やしてしまい時間が足りなくなるということにもなりかねません。

さらに、上で説明した出題パターン5のように、単語の意味をダイレクトに聞いてくる問題は必ず出題されます。ボキャブラリーが豊富であれば、その手の問題は得点源とすることができますし、また全体に対して回答する時間を節約することができます。

どこまで単語を覚えればよいかというのは目標とするスコアにもよると思いますが、TOEFL英単語3800のRank 3までをマスターしておくことは必須と言えるでしょうし、ハイスコアを獲得するためにはRank 4の単語もカバーすべきです。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

必要なパラグラフを読んで順に回答せよ

TOEFL_reading_2

TOEFLの問題は、基本的にパラグラフの順番で出題されます。もちろん最後の問題は文章全体に関する設問になりますが、そこまではパラグラフの順に設問が設定されています。必ず全パラグラフから出題されるとは限りませんが、例えばParagraph 4に関する設問の次に、Paragraph 1に関する設問が設定されるようなケースはありません。

したがって、本文を最初から最後まで一度読んで、最初の設問から順に答えるという方法は効率的ではありません。なぜならば、最後まで読んだときに、最初のパラグラフの内容をしっかり覚えていないので、最初の設問に回答するときにもう一度読み直さなくてはならないという事態になるからです。(もちろん、「一度読んだら全部忘れない」という天才的な方はどういった方法で答えてもよいでしょう。)

設問を見て、どのパラグラフに関する設問なのかをしっかりと確認し、順番に確実に回答していきましょう。

 

とにかく長文に慣れよ

TOEFL_reading_3

TOEFLのReadingは1 passageが700 words程度であり、普段あまり英語を読む機会がない人にとってはかなり負担になる長さだと思います。それが一回の試験で、トピックがかわるがわる出てくるので途中で集中力が途切れたり、そうでなかったとしてもReadingパートが終わった段階で疲弊してしまっているかもしれません。

これに対する対策は、とにかく長文を読むことに慣れるしかありません。TOEFLの問題演習をこなしてもよいでしょうし、オススメなのはTOEFLよりも長い文章を読む練習をすることです。ソースは何でもよく、英字新聞でも、英語の雑誌でも、英語のwebsiteでも構いません。その際、自分が興味のあるトピックを選んで読むのもよいですが、興味がないトピックを読んでみるというもよいでしょう。なぜならTOEFLでは自分の興味のないトピック(例えば、理系のテーマに興味のある方にとって、アメリカの文化の話や、ヨーロッパの芸術の話は興味がないかもしれません。一方で、芸術に興味がある方にとっては、宇宙の成り立ちといったトピックは興味がないかもしれません。)が出題されるので、その練習にもなるからです。

TOEFLでは、前提の「知識」が必要とされる問題は出題されません。しかし、一度触れたことのあるトピックや自分が好きな分野の文章のほうが、全く知識のないトピックの文章よりも取っ付き易いというのは事実でしょう。トピックの食わず嫌いはせずに、視野を広くもつことはTOEFLにおいても役立つのではないでしょうか。

 

TOEFLスピーキング・ライティング対策なら

TOEFL iBTのスピーキング・ライティングテストは独学での対策が非常に難しく、自宅で学習する場合には勉強法に悩む方も少なくないと思います。

オンライン英会話のベストティーチャーでは「TOEFL iBT対策コース」を提供しており、このコースでは、自分の回答を一度書いて講師に添削してもらい、それをもとに講師と英会話をするというスタイルでレッスンが行われます。

初めてTOEFL iBTを勉強する方や、TOEFL iBTで90点(そのうちSpeaking20点、Writing25点)程度を目指す方に最適なサービスとなっていますので、TOEFL初心者の方でも安心です!

SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」

TOEFL Reading攻略-出題パターンもあわせてお読みください■
★他のTOEFL攻略情報も見てみる(人気ブログランキング)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


関連記事/スポンサーリンク



 

関連記事

TOEFLの概要

TOEFLとは TOEFL(トフルまたはトーフルと発音されます)とは Test of Englis

記事を読む

TOEFL会場口コミ>東京>本郷アカデミー

会場名:本郷アカデミー       &

記事を読む

TOEFL会場口コミ>大阪>本町・淀屋橋テストセンター

会場名:本町・淀屋橋テストセンター      

記事を読む

TOEFL会場口コミ>愛知>南山大学

会場名:南山大学       &nbs

記事を読む

TOEFL試験会場には早めに行くべきか

  TOEFLの申込をする際に確認できますが、試験毎に9時半とか10

記事を読む

TOEFL会場口コミ>大阪>なんばテストセンター

会場名:なんばテストセンター       &n

記事を読む

TOEFL会場口コミ>福岡>博多駅博多口テストセンター

会場名:博多駅博多口テストセンター      

記事を読む

TOEFL会場口コミ>大阪>中津テストセンター

会場名:中津テストセンター      

記事を読む

TOEFL試験会場の口コミ(九州/沖縄)

TOEFL試験会場の口コミ(九州・沖縄エリア)です。    

記事を読む

TOEFL会場口コミ>福岡>FSAC 天神テストセンター

会場名:FSAC 天神テストセンター      

記事を読む


 

  • スポンサーリンク


  • 管理人:Zack(日本人です)
    国内某大手企業勤務のサラリーマン。
    英検1級、TOEIC985点。
    連絡先:コチラ または contact (at) english-navi.biz
    姉妹サイト:FX Navi


     
PAGE TOP ↑