新型コロナウイルス

TOEIC

#TOEIC公式みんなで模擬受験(2020年6月28日開催)

新型コロナウイルスによる影響で3月8日、4月12日、5月24日、6月28日と4回連続でTOEIC公開テストは中止となり、次回公開テストは9月13日ということでTOEIC 公開テストの受験には相当の時間が空いてしまうことになりました。このよう...
TOEIC

新型コロナウイルスの影響に伴うTOEIC(9/13)の申し込み日程変更について

新型コロナウイルスの影響により3月8日、4月12日、5月24日、6月28日と4回連続でTOEIC公開テストは中止となりました。今年はオリンピックの影響(とはいえ延期となりましたので今年オリンピックはありませんが)により変則的な日程となっていて、6月28日の回の次は9月13日の開催の予定となっていました。
英検

新型コロナウイルスの影響による英検試験日程変更(延期)の続報について

先日2020年第1回英検日程の延期についてアナウンスがありました。延期によって英検一次試験の日程とTOEICの日程がかぶるなど、両方の英語試験を受験予定だった方には悩ましい状況でありましたが、TOEICは早々に6月の試験中止をアナウンスしました。一方、英検については変更後の6月28日(日)の試験については予定通り実施予定である旨、アナウンスがありました。一方、二次試験の本会場日程が1日しかなくなったことに対して、細かなアップデートがありました。
TOEIC

新型コロナウイルスの影響に伴うTOEIC(6/28)の中止について

新型コロナウイルスの影響により、2020年3月8日のTOEIC L&R公開テスト(第248回)、2020年4月12日のTOEIC L&R公開テスト(第249回)、2020年5月24日のTOEIC L&R公開テスト(第250回)に続いて、2020年6月28日のTOEIC L&Rテスト(第251回)についても試験の実施が中止されることとなりました。これで新型コロナウイルスの影響による公開テストの中止は、4回連続となります。
英検

新型コロナウイルスの影響による英検試験日程変更(延期)について

新型コロナウイルスの影響でTOEFLやTOEIC、英検2020 S-CBT、国連英検といった試験の中止や延期が相次いで発表されていますが、5月29日(金)、30日(土)、31日(日)(準会場含む)に実施予定だった、従来型の実用英語技能検定(英検)について、実施の延期が発表されました。
GMAT

自宅でGMATが受験できる!?GMAT Onlineの実施

新型コロナウイルスへの対応としてTOEFL iBTの自宅受験が可能になりましたが、GMATについてもGMAT Onlineという形で、自宅受験が可能になる仕組みの提供が始まりました。通常のGMATと同じスコア(Quantitative、Verbal、IRから構成)を取得するために受験ができますが、試験のフォーマット、受験のルール等、通常のGMATと異なる部分も多いため注意が必要です。
TOEIC

新型コロナウイルスの影響に伴うTOEIC(5/24)の中止について

新型コロナウイルスの影響により、2020年3月8日のTOEIC L&R公開テスト(第248回)、2020年4月12日のTOEIC L&R公開テスト(第249回)に続いて2020年5月24日のTOEIC L&R公開テスト(第250回)についても試験の実施が中止されることとなりました。これで新型コロナウイルスの影響による公開テストの中止は、3回連続となります。
英検

新型コロナウイルスの影響に伴う英検2020 1 day S-CBTの延期・振替について

新型コロナウイルスの影響でTOEFLやTOEIC、国連英検といった試験の中止や延期が相次いで発表されていますが、2020年5月3日までの全国の英検2020 1 day S-CBT試験について、延期(振替)となることが発表されました。なお、現時点(2020年4月14日時点)では、5月に一次試験が実施される英検第1回検定については、延期・中止等の発表はなされておりません。
英語雑学

新型コロナウイルスに関連する英単語/表現

新型コロナウイルスに関する報道を見ない日がない状況になってきましたが、英語で新型コロナウイルスに関する記事を読んでいると、あまり見慣れない単語も出てくることがあるかもしれません。新型コロナウイルス関連のニュースや記事でよく使われている単語や表現について確認してみましょう。
TOEFL

自宅でTOEFLが受験できる!?TOEFL iBT Special Home Editionの実施

新型コロナウイルスの影響によりテストセンターの閉鎖が実施されるなど大きな影響が出ているTOEFLですが、このような状況のなか、自宅でTOEFLを受験することができるTOEFL iBT Special Home Editionの提供が始まっています。TOEFL iBT Special Home Editionを受験できるのは「通常TOEFL iBTが提供されている地域のうち、中国本土とイランを除く地域」となっています。従って、日本国内からは受験が可能です。