*

初めての英検®二次試験(3級、準2級受験者向け)

公開日: : 最終更新日:2018/05/07 英検® , ,

beginner

英検®3級以上の級に合格するためには、筆記試験である一次試験に加えて、面接試験の二次試験に合格する必要があります。準2級や3級受験者の中には「学校や親から受けるように言われたから受ける」といった方や、「友達がみんな受けると言っていたから受ける」というような方も少なくありません。そういった方の多くにとって、二次試験という「英語だけでコミュニケーションをとらなくてはならない場」というのは未知の場であり、受験にあたって大きな不安を持っている場合も少なくないと思います。

1級や準1級では、高度なレベルで英語でのコミュニケーションを求められますが、準2級や3級の二次試験は、普段英語でしゃべる機会のない人でも十分合格することができる試験です。以下、普段英語をしゃべる機会のない受験者の方が不安に思っている項目について見ていきます。しっかり読んで、自信を持って試験に臨みましょう。

スポンサーリンク

部屋に入る時のマナーは?

面接の部屋に入る際は、ドアをノックしてから部屋の中に入るようにしましょう。面接の対策本などを見ると、「”May I come in?”と言ってから部屋に入りましょう」と書かれているものがありますが、正直どちらでもいいと思います。面接の部屋に入るときには係員の指示に従って入る形になるので、「入っていいですか?」と聞いて「だめです」という返事があることはまずあり得ません。

また、係員が「面接を始めますので私についてきて下さい」といって係員と一緒に部屋の中に入っていくパターンもあるかと思います。この場合、係員が部屋の中に入っていくのに、自分だけが入り口で立ち止まって部屋をノックするのは不自然です。その場合は、特にノックをすることなく部屋に入っていっても問題ありません。ただし、日本語であれば「失礼します」と言って中に入るように、無言で部屋に入っていくのは失礼になるかもしれません。その場合には、午前中だったら”Good morning.”、午後だったら”Good afternoon.”と、部屋に入った時に面接官と目を合わせて挨拶をしましょう。それで十分です。

部屋に入った後は、”Please have a seat.”といった形でいすに座るよう指示が出るはずです。言われる前に勝手にいすに座るのは失礼になってしまうので、指示が出てから座るようにしましょう。

 

はじめの挨拶は?

午前であれば”Good morning.”、午後であれば”Good afternoon.”というのはみなさん理解しているかと思いますが、試験の時間がちょうど正午前後だった場合にどちらが正しいのか迷ってしまうという方もいるかもしれません。別に間違えたからと言って減点されるようなことはないですが、そこでひっかかって後の試験本番に影響が出るのは避けたいところです。その場合、次の2つのどちらかにしましょう。

1.”Hello.”と言う

“Hello.”であれば、時間帯を問わず使うことができます。

2.相手が言ったことをそのまま繰り返す

相手が”Good morning.”と言えば”Good morning.”、相手が”Good afternoon.”と言えば”Good afternoon.”と返事をすれば問題ないです。但し、相手が”How are you today?”と聞いてきた場合には”I’m fine.”や”I’m good.”と答えるようにしましょう。そのまま”How are you?”と聞き返したのでは会話になりません。

 

読めない単語があったら?

音読のパートで、読めない単語が出てくることがあると思います。その場合、読み方がわからないので黙って止まってしまうと大きな減点になってしまいます。このように、読めない単語に出くわした場合には「それっぽく読んで気にせず先に進む」ようにしましょう。

例えばですが、”human”という単語が出てくれば、大体のみなさんは「ヒューマン」と読むことができると思いますが、”vertebrate”という言葉が出てきたらどうでしょうか。これは「脊椎動物」という意味ですが、なかなか正しく発音ができる英検®準2級や3級の受験者はいないと思います。もちろんこんな単語が出題されることはないと思いませんが、仮に出てきたとしてもそこで黙ってしまうのではなく、「なんとなく」でもよいので発音して先に進みましょう。「バータブレイト」とか「バーテブレイト」、「ベルテブレイト」と、なんとなく読めれば及第点です。完璧な発音が求められる試験ではありません。

 

続:初めての英検®二次試験(3級、準2級受験者向け)に続きます。

★他の英検®攻略情報も見てみる(人気ブログランキング)

 

英検®対策のネット教材-英検ネットドリル

旺文社の英検対策問題集とCDをひとつにまとめた、パソコン・タブレットで学べる本格派ネット教材、英検ネットドリル。

「旺文社 英検ネットドリル」は、英検受験者に必要な機能を豊富に搭載しており、ペーパー教材に比べ、はるかに効率的でスピーディーな学習を実現しています。

料金を払えば1年間使い放題なので、万一不合格になっても次の試験対策にも使えるので安心です!5級から準1級まで対応しています。

英検合格の必勝法【旺文社 英検ネットドリル】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


関連記事


関連記事

データから見る英検®4級

ここでは、公開されている英検®のデータから、英検®4級の情報について見ていきましょう。

記事を読む

英検®1級二次試験に出題されたトピック(2012~2014)

英検®1級二次試験で出題されるトピックは、社会生活一般、芸術、文化、歴史、教育、科学、自然・

記事を読む

英検®準1級攻略 -一次試験対策

英検®準1級合格のための正答率と合格率 英検®準1級に合格するためには大学中級レベルの英語力が求め

記事を読む

帰国子女でも英検®1級に不合格になる理由

英検®1級を受験された方はわかると思いますが「1級の会場なのに、引率の保護者と一緒に来ている

記事を読む

英検®準2級攻略 -出題パターン

英検®準2級のレベルと形式 英検®準2級は高校中級程度のレベルの試験で、ある程度英語力が身についた

記事を読む

英検®1級のレベル・難易度

英検の中でも最高峰の1級ですが、英検のウェブサイトには英検1級について以下の通り説明されてい

記事を読む

英検®(級別)の合格率

英検®の合格率や合格者数は一律で定められているわけではないので、「受験者のうち上位何%の受験

記事を読む

英検®2級攻略 -出題パターン

英検®2級のレベルと形式 英検®2級は高校卒業程度のレベルの試験で、ある程度英語力が身についた方が

記事を読む

英検®二次試験(級別)の合格率

英検®の一次試験に合格した次に気になるのは、二次試験はどれくらいの合格率なのかということでは

記事を読む

データから見る英検®1級

ここでは、公開されている英検®のデータから、英検®1級の情報について見ていきましょう。

記事を読む


  • スポンサーリンク

  • 管理人:Zack(日本人です)
    国内某大手企業勤務のサラリーマン。
    英検1級、TOEIC985点。
    連絡先:コチラ または contact (at) english-navi.biz


     
PAGE TOP ↑