TOEICのスコアと英検の級との関係

データから見る英検 TOEIC

それぞれの英語の試験では出題される形式もレベルも違うので、それぞれの試験のスコアやランクを直接的に比較することは難しいです。例えば、TOEFLではReading, Listening, Speaking, Writingの4科目を受験しますが、TOEICでは(SWテストを受けなければ)ReadingとListeningしか受験しないため、スコアを直接的に比較することはできません。

そういった事情からも、「公式に」スコアの比較表などを公開しているケースはあまりありません。TOEICの公式サイトでは、公式に「英検で何級を持っていればTOEICでは何点相当」という言い方はしていませんが、受験者のデータを集めて英検の取得級とTOEICのスコアの関係について公開されています。

スポンサーリンク

TOEICのスコアと英検の関係

TOEICが公開しているTOEICプログラム DATA&ANALYSISの中に、「実用英語技能検定(英検)取得級別受験者数と平均スコア」という項目があり、ここでTOEICのスコアと英検の関係性を見ることができます。それぞれの関係は以下のとおりです。

 

英検1級 Listening:495 Reading:450 合計:945

英検準1級 Listening:387 Reading:330 合計:716

英検2級 Listening:299 Reading:229 合計:528

英検準2級 Listening:236 Reading:165 合計:401

英検3級 Listening:218 Reading:158 合計:376

英検4級 Listening:199 Reading:143 合計:342

英検5級 Listening:200 Reading:145 合計:344

 

英検1級合格者のListeningの平均点が満点(495点)というのは少し怪しいところかとは思いますが、概ね全ての級で英検の難度とTOEICのスコアの間には正の相関関係がありそうです。4級と5級でほとんど差がないというのは、おそらくこれらの級を取得している受験者はTOEICの試験内容に対応できるだけの英語力を持っていないため、TOEICの世界では実力的には差がないと判断されていることによると思われます。

 

既に英検を持っていてこれからTOEICを受験する、あるいは既にTOEICのスコアを持っていて英検をこれから受験するという方は参考にしてみてください。

★他のTOEIC/英検攻略情報も見てみる(人気ブログランキング)

 

スマホで手軽にTOEIC L&R対策-スタディサプリ ENGLISH

TOEIC L&Rで高得点を獲得するための「単語」「文法」「演習」「講義」「トレーニング」がスマホひとつで可能なスタディサプリTOEIC L&R対策コース。

スマホやタブレットで空いた時間に気軽に勉強ができるので、授業やサークル・バイトに忙しい大学生から、仕事が忙しい社会人まで、自分のペースでしっかり学習することができます!7日間の無料体験も可能なので、まずは無料体験に気軽に申込みを!

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
TOEIC英検
Zackをフォローする
English Navi