英検準1級

英検

英検(級別)の合格点-2022年最新の合格点って公表されてるの?

英検の一次試験が終わるとホッとするのもつかの間、自分が合格しているのかどうかが気になるところでしょう。また、3級以上の級を受験している方は、二次試験の準備を始めるべきかどうか気になるところかと思います。ここでは過去に行われた試験(一次試験)の級別の合格点及び得点率についてまとめておりますので、参考にしてみてください。
英検

データから見る英検準1級

ここでは、公開されている英検のデータから、英検準1級の情報について見ていきます。過去の受験者のデータを見ることで、自分のライバルは誰なのか、いつ受験すべきなのかなど、様々なことが見えてきます。英検の申し込みをする際に参考にしてみてください。受験回や受験者の属性による合格率の差なども分析しています。
英検

英検準1級攻略 -二次試験対策

英検準1級の二次試験では、英語でしっかりとしたコミュニケーションがとれるかどうかが評価されます。2級までと異なり、単純な文章の音読といった簡単なパートはなくなり、イラストを見て状況を説明したり、自分の考えを英語で伝えたりするなど高いレベルでの英語の力が試されます。普段英語のインプットばかりでアウトプットの練習をしていない人にとっては非常にハードルの高い試験かもしれません。
英検

英検準1級攻略 -一次試験対策

英検準1級に合格するためには大学中級レベルの英語力が求められ、英検攻略のためのしっかりとした対策が必要である試験であると考えられます。準1級合格のためのポイントは「語彙力(ボキャブラリー)の強化」「実践的な英語量の醸成」及び「リスニング対策の徹底」です。
英検

英検準1級攻略 -出題パターン

英検準1級は大学中級程度のレベルの試験で、実用レベルの英語力が身についた方が目標とすべき試験です。内容は学術性、社会性のあるトピックが扱われることもあります(特別な前提知識が要求されることはありません)。また、エッセー形式の英作文が出題されます。試験は一次試験と二次試験から成り、一次試験は筆記試験(約90分)とリスニング試験(約25分)から構成され、二次試験では面接試験(約8分)が実施されます。