TOEFL

TOEFL

TOEFLのリスコア(Rescore)について

一般的に資格試験等では、一度採点されたものが納得いかないからといって再度採点してもらうようなことはできません。しかし、TOEFLのSpeaking SectionとWriting Sectionに限っては「有料で」「1回の試験に対して1回のみ」再度採点してもらうことができます。これをリスコア(Rescore)とよびます。
TOEFL

TOEFL Writing攻略 -試験対策

TOEFL Writingは難易度が高いので一朝一夕で対策はできません。しかし、ポイントを意識した対策で一歩ずつ高得点獲得に向けて前に進むことができます。「テンプレートの活用」「回答しやすい選択肢を選ぶためにうそをつくのは構わない」「リスニング能力の強化」及び「ケアレスミスへの注意」がライティング対策のポイントです。
TOEFL

TOEFL Speaking攻略 -試験対策

TOEFL Speakingは難易度が高いので一朝一夕で対策はできません。しかし、ポイントを意識した対策で一歩ずつ高得点獲得に向けて前に進めます。「テンプレートの活用」「回答しやすい選択肢を選ぶために嘘をつくのは構わない」及び「リスニング能力の強化」というのがスピーキング対策のポイントです。完璧な発音は求められません。
TOEFL

TOEFL Listening攻略 -試験対策

TOEFL Listeningは難易度が高いので一朝一夕で対策はできず、特にリスニング対策は時間がかかります。しかし、ポイントを意識した対策で一歩ずつ高得点獲得に向けて前に進むことができます。「メモは大事だがメモ取りに集中しすぎない」「会話問題への確実な回答」及び「長期間の学習プラン」がリスニング対策のポイントです。
TOEFL

TOEFL Reading攻略 -試験対策

TOEFL Readingは難易度が高いので一朝一夕に対策はできません。しかし、ポイントを意識した対策により高得点獲得に向けて前に進めます。「ボキャブラリーの強化」「パラグラフ毎の回答」「長文への慣れ」がリーディング対策のポイントで、語彙力はTOEFL英単語3800のRank 3までをマスターしておくことが必須でしょう。
TOEFL

TOEFL Writing攻略 -出題パターン

TOEFL Writingは、2つの問題に対して論述する試験です。回答は手書きではなくパソコンを通じて入力する形式です。キーボードが日本語配列ではなく英語配列ですので、特別な対策は必要ないかと思いますが、試験会場で慌てないようにアポストロフィーなど日本語キーボードと位置が大きく異なる部分は一度確認しておきましょう。
TOEFL

TOEFL Speaking攻略 -出題パターン

TOEFL Speakingは、6つの問題に対して口頭で回答する形式です。回答は対面式ではなくヘッドセットを通じて録音したものを採点官が採点する形となるので、双方向のコミュニケーション試験ではなく一方向の喋る試験です。一度回答した問題に戻ることはできず、制限時間中しか録音されないので制限時間を厳守する必要があります。
TOEFL

TOEFL Listening攻略 -出題パターン

TOEFL Listeningは、3~5分程度の会話や講義を聞き、それぞれの内容に関する設問について正しいものを選択する形式です。会話や講義の数は受験者によって異なり、「会話1つ+講義2つ」のセットが2~3セットです。Readingでは回答後に前の問題に戻れますが、Listeningでは一度回答すると前の問題には戻れません。
TOEFL

TOEFL Reading攻略 -出題パターン

TOEFL Readingは、700語程度のアカデミックな文章を読みそれぞれの設問について正しいものを選択する形式です。文章の数は受験者によって異なり、3つまたは5つの文章を読むことになります。一つの文章に対して設問は12問~14問用意されていて、回答時間は1つ目の文章に対しては20分、2・3つ目の文章に対しては40分です。
TOEFL

TOEFLの概要

TOEFL(トフルまたはトーフルと発音されますが、トイフルと発音する人もいるようです)とは Test of English as a Foreign Language の略で、英語を母国語としない人のための英語によるコミュニケーション能力を測るテストです。試験は4つのパートで構成され、総合的な英語の能力が測られます。