TOEFL

TOEFL

TOEFL試験会場には早めに行くべきか

TOEFLの場合、試験開始のタイミングは受付順で、人によって異なります。従って、TOEFLの場合集合時間は厳密に到着すべき時間として定められているわけではありません。会場に早く着くメリット・デメリット、また遅く着くメリット・デメリットがそれぞれありますので、自分のスタイルに合わせて会場に到着する時間を調整しましょう。
TOEFL

TOEFL ibtを安く受験する裏技!?TOEFL受験料を節約するために

数ある英語試験の中でもTOEFL ibtは受験料が高く、1回受験するのに235ドル(2018年4月時点)もかかる試験です。米ドルのレートにもよりますが、1回受験するだけで2万円~3万円もかかる試験ですので、できるだけ受験にかかる費用は節約したいものです。TOEFLを安く受けるにはどうすればよいか、受験料を節約する方法について見ていきましょう。
TOEFL

I live in Tokyoとは

TOEFLを初めて受験された方は、試験会場に入った時に聞こえてくる"I live in Tokyo"の大合唱に圧倒されたことがあると思います。一体あの"I live in Tokyo"とは何なのでしょうか。受験をする上で重要なポイントではありませんが、初めてTOEFLを受験される方も一読いただき、心の準備をしましょう。
TOEFL

TOEFL会場選びの4つのポイント

TOEICや英検では、受験地のエリアを選ぶことはできますが、試験会場を自分で選択することはできません。一方TOEFLでは、申込の際に自分で試験会場を選ぶ必要があります。TOEFLを複数回違う会場で受験されている方はわかるように、試験会場の環境は会場によって異なり、よりよい環境で受験することは高得点獲得の助けとなります。
TOEFL

TOEFLのリスコア(Rescore)について

一般的に資格試験等では、一度採点されたものが納得いかないからといって再度採点してもらうようなことはできません。しかし、TOEFLのSpeaking SectionとWriting Sectionに限っては「有料で」「1回の試験に対して1回のみ」再度採点してもらうことができます。これをリスコア(Rescore)とよびます。
TOEFL

TOEFL Writing攻略 -試験対策

TOEFL Writingは難易度が高いので一朝一夕で対策はできません。しかし、ポイントを意識した対策で一歩ずつ高得点獲得に向けて前に進むことができます。「テンプレートの活用」「回答しやすい選択肢を選ぶためにうそをつくのは構わない」「リスニング能力の強化」及び「ケアレスミスへの注意」がライティング対策のポイントです。
TOEFL

TOEFL Speaking攻略 -試験対策

TOEFL Speakingは難易度が高いので一朝一夕で対策はできません。しかし、ポイントを意識した対策で一歩ずつ高得点獲得に向けて前に進めます。「テンプレートの活用」「回答しやすい選択肢を選ぶために嘘をつくのは構わない」及び「リスニング能力の強化」というのがスピーキング対策のポイントです。完璧な発音は求められません。
TOEFL

TOEFL Listening攻略 -試験対策

TOEFL Listeningは難易度が高いので一朝一夕で対策はできず、特にリスニング対策は時間がかかります。しかし、ポイントを意識した対策で一歩ずつ高得点獲得に向けて前に進むことができます。「メモは大事だがメモ取りに集中しすぎない」「会話問題への確実な回答」及び「長期間の学習プラン」がリスニング対策のポイントです。
TOEFL

TOEFL Reading攻略 -試験対策

TOEFL Readingは難易度が高いので一朝一夕に対策はできません。しかし、ポイントを意識した対策により高得点獲得に向けて前に進めます。「ボキャブラリーの強化」「パラグラフ毎の回答」「長文への慣れ」がリーディング対策のポイントで、語彙力はTOEFL英単語3800のRank 3までをマスターしておくことが必須でしょう。
TOEFL

TOEFL Writing攻略 -出題パターン

TOEFL Writingは、2つの問題に対して論述する試験です。回答は手書きではなくパソコンを通じて入力する形式です。キーボードが日本語配列ではなく英語配列ですので、特別な対策は必要ないかと思いますが、試験会場で慌てないようにアポストロフィーなど日本語キーボードと位置が大きく異なる部分は一度確認しておきましょう。