TOEFL

TOEFL

TOEFL試験会場の口コミ・評判(北海道/東北)ー受験者おすすめの会場は?

北海道・東北エリアのTOEFL会場に関する口コミ・評判です。口コミをご覧になりたい会場をクリックしてご参照ください。北海道・秋田・岩手・福島・宮城の会場の口コミ・評判がご覧いただけます。
TOEFL

TOEFL試験会場の口コミ・評判-受験者おすすめの会場は?

TOEFLの試験会場は少しでも自分の実力を発揮しやすい環境を選びたいものです。しかし、試験の申し込み時にわかるのは会場名や場所、開始時間などだけで会場の環境に関する情報は記載されていません。ここでは皆さまからお寄せいただいた試験会場の口コミ情報を掲載していますので、自分に合った会場選びの参考としてみてください。
TOEFL

TOEFL会場情報(口コミ)募集

TOEFL受験お疲れさまでした!English Naviでは今後TOEFLを受験される方に参考になるよう、TOEFL試験会場の良し悪しについて皆様からの口コミ情報を募集しております。後にTOEFLを受験される方の役に立つ情報ですので、TOEFL会場情報提供フォームより皆様の実際の受験を通じた口コミ情報をお寄せください!
TOEFL

TOEFLとIELTSのスコアの関係

ETSは入学審査の際にTOEFLとIELTSのスコアを比較するのを手助けするという目的で、TOEFLとIELTSのスコア換算表を公開しています。これは、1,153名の受験データから導き出した換算表だとのことですが、TOEFLがIELTSの代替になったり、IELTSがTOEFLの代替になるわけではないので注意しましょう。
TOEFL

TOEFL試験会場には早めに行くべきか

TOEFLの場合、試験開始のタイミングは受付順で、人によって異なります。従って、TOEFLの場合集合時間は厳密に到着すべき時間として定められているわけではありません。会場に早く着くメリット・デメリット、また遅く着くメリット・デメリットがそれぞれありますので、自分のスタイルに合わせて会場に到着する時間を調整しましょう。
TOEFL

TOEFLを安く受験する裏技!?TOEFL受験料を節約するために

数ある英語試験の中でもTOEFLは受験料が高く、1回受験するのに230ドル(2016年2月時点)もかかる試験です。米ドルのレートにもよりますが、1回受験するだけで2万円~3万円もかかる試験ですので、できるだけ受験にかかる費用は節約したいものです。TOEFLを安く受験し、受験料を節約する方法について見ていきましょう。
TOEFL

I live in Tokyoとは

TOEFLを初めて受験された方は、試験会場に入った時に聞こえてくる"I live in Tokyo"の大合唱に圧倒されたことがあると思います。一体あの"I live in Tokyo"とは何なのでしょうか。受験をする上で重要なポイントではありませんが、初めてTOEFLを受験される方も一読いただき、心の準備をしましょう。
TOEFL

TOEFL会場選びの4つのポイント

TOEICや英検では、受験地のエリアを選ぶことはできますが、試験会場を自分で選択することはできません。一方TOEFLでは、申込の際に自分で試験会場を選ぶ必要があります。TOEFLを複数回違う会場で受験されている方はわかるように、試験会場の環境は会場によって異なり、よりよい環境で受験することは高得点獲得の助けとなります。
TOEFL

TOEFLのリスコア(Rescore)について

一般的に資格試験等では、一度採点されたものが納得いかないからといって再度採点してもらうようなことはできません。しかし、TOEFLのSpeaking SectionとWriting Sectionに限っては「有料で」「1回の試験に対して1回のみ」再度採点してもらうことができます。これをリスコア(Rescore)とよびます。
TOEFL

TOEFL Writing攻略 -試験対策

TOEFL Writingは難易度が高いので一朝一夕で対策はできません。しかし、ポイントを意識した対策で一歩ずつ高得点獲得に向けて前に進むことができます。「テンプレートの活用」「回答しやすい選択肢を選ぶためにうそをつくのは構わない」「リスニング能力の強化」及び「ケアレスミスへの注意」がライティング対策のポイントです。