*

TOEIC Part 7(読解問題)攻略法と対策

公開日: : 最終更新日:2018/05/07 TOEIC ,

Part 7(読解問題)の形式

Part 7の読解問題は、文章を読み、それぞれの文章に関する設問について正しいものを4つの選択肢から選択する問題です。各文章には複数の設問が設定されています。文章が一つのSingle Passage問題が29問、文章が二つのDouble Passage問題が10問、文章が三つのTriple Passage問題が15問の合計54問に回答します。

第209回公開テスト(2016年4月実施)までは48問でしたが、第210回公開テスト(2016年5月実施)より問題数が54問に増えました。新形式では出題のバリエーションが増えましたが、最も大きな変更は3つの関連する文章の読解問題(Triple Passage問題)が出題されるようになった点です。

サンプル問題はTOEIC公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

Part 7対策:3つの攻略のポイント

Double PassageやTriple Passageでは状況に注目せよ

Double PassageやTriple Passage問題では、「求人広告とそれに対するメール」、「商品の保証書と故障した顧客からのメール」など、様々なケースがあります。特にメールの文章が登場している文章について、「誰が」「誰宛に」送っているものなのかなどのシチュエーションを理解しないまま読み進めると、「あれ、結局なんだっけ」ということになりかません。メールの場合通常宛先と差出人等が記載されているので、どういった状況で、誰が誰にメールを送っているのかということを把握することが問題回答に役立ちます。当然メールが含まれない文章でも同じです。

 

言い換えに注目せよ

全ての問題を回答するための根拠は本文の中にありますが、回答にかかれているものを同じ内容が、違う単語や違う言い回しで本文に記載されていることがあります。

What should a registered member do to meet Mr. Johnson?

A. Make a phone call to the office.

B. Bring an ID.

C. Go to Hall X.

D. Purchase a ticket.

となっているのに対して、例えば本文がこのイベントの案内文だとして、本文には以下のとおり書かれているとします。

“Either guest members or registered members can meet with Mr. Johnson between 2 p.m. and 4 p.m. at Hall Y. You need to buy a ticket to take advantage of this chance. Ticket will be sold first-come-first-served basis at ticket booth.”

このように本文では”buy”という単語が使われ、選択肢では”purchase”という単語が使われています。

他にも例えば上にあげた文章について

Which of the following is true?

という問題があったとして、

A. You may not be able to purchase a ticket if it is sold out.

などとあれば、それも正解になり得ます。(first-come-first-served basis:早い者勝ち)

 

難しければ後回しにせよ

Part 7に限った話ではないですが、TOEICでは後半にいけば行くほど、問題の難易度が上がる傾向があります。これはPart 7のほうがPart 1より難しいという意味ではなく、同じパートの中の後半の問題という意味です。

Part 7では、前半にSingle Passage問題、後半にDouble Passage及びTriple Passage問題が配置されていますが、この「後半のほうが難しい」という傾向により、「Single Passageの後半の問題のほうが、Double PassageやTriple Passageの前半の問題より難しい」という現象が起きがちです。したがって、Single Passage問題の後半が難しすぎると感じたら、その文章は後回しにしてDouble PassageやTriple Passage問題に移ったほうがよいケースが多いです。難しい問題に固執しすぎると、後半で時間不足に陥ります。

★他のTOEIC攻略情報も見てみる(人気ブログランキング)

 

スマホで手軽にTOEIC L&R対策-スタディサプリ ENGLISH

TOEIC L&Rで高得点を獲得するための「単語」「文法」「演習」「講義」「トレーニング」がスマホひとつで可能なスタディサプリTOEIC L&R対策コース。

スマホやタブレットで空いた時間に気軽に勉強ができるので、授業やサークル・バイトに忙しい大学生から、仕事が忙しい社会人まで、自分のペースでしっかり学習することができます!7日間の無料体験も可能なので、まずは無料体験に気軽に申込みを!

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


関連記事


関連記事

TOEIC S&Wテストの概要

TOEIC Speaking & Writing Testとは TOEIC S&W

記事を読む

TOEIC Part 3(会話問題)攻略法と対策

Part 3(会話問題)の形式 Part 3の会話問題は、複数の人物による会話が放送され、それぞれ

記事を読む

就職活動(新卒採用)とTOEIC

就職活動の時期になると、「TOEICを受けなきゃいけない!」といっている大学生や、「就職活動

記事を読む

TOEIC SWのProficiency Level Descriptors (Writing)

Proficiency Level Descriptorsとは TOEICでは、Profi

記事を読む

TOEICのProficiency Scale(5つのレベル)

PROFICIENCY SCALEとは TOEICでは、Proficiency Scale

記事を読む

TOEIC Part 6(長文穴埋め問題)攻略法と対策

Part 6(長文穴埋め問題)の形式 Part 6の長文穴埋め問題は、不完全な文章を完成させるため

記事を読む

TOEICテストで高得点を獲得するための時間配分

TOEICテストは時間との戦い TOEICテストで満点近くを安定して獲得できるような一部の

記事を読む

TOEIC Part 4(説明文問題)攻略法と対策

Part 4(説明文問題)の形式 Part 4の説明文問題は、アナウンスやナレーションが放送され、

記事を読む

TOEICのスコアと英検®の級との関係

それぞれの英語の試験では出題される形式もレベルも違うので、それぞれの試験のスコアやランクを直

記事を読む

TOEICは世界で通用する試験なのか

TOEICは、TOEFLやSAT、GREと同様に米国にある非営利テスト開発機関である Edu

記事を読む


  • スポンサーリンク

  • 管理人:Zack(日本人です)
    国内某大手企業勤務のサラリーマン。
    英検1級、TOEIC985点。
    連絡先:コチラ または contact (at) english-navi.biz


     
PAGE TOP ↑