IELTS Speaking攻略 -出題パターン

IELTS

Speakingの形式

IELTS Speakingは、試験官と1対1の対面式で、英語による口頭でのコミュニケーション能力を測る試験です。TOEFLのように一方的に喋るのではなく、しっかりとしたコミュニケーションが求められます。

試験は11分~14分程度で、試験は3つのパートに分けられます。

スポンサーリンク

IELTS Speakingの出題パターン

Speakingでは簡単な自己紹介から、ディスカッションまで、実際の試験官との英語でのコミュニケーションを通じてSpeakingの能力が図られます。試験官とのコミュニケーションを通じて、4つの評価基準(流暢さと一貫性、語彙力、文法力、発音)に基づいて採点されます。(試験でのやりとりは録音されており、最終的にテストセンターにて採点されます)各パートでの出題内容は以下の通りです。

パート1

このパートでは、自己紹介の実施と日常生活に関する質問への回答を行います。トピックは一般的なものですので特別な準備は求められませんが、聞かれたことに単に単語で答えるのではなく、積極的かつできる限り正しい文章でコミュニケーションを取ることが重要です。

パート2

このパートでは、試験官からトピックと、触れるべきポイントが書かれたカードが渡されます。受験者は1分間の準備時間と、メモを取るための筆記用具と紙が与えられますので、1分間という限られた時間で自分が話すべきポイントを整理する必要があります。その後、1~2分間のスピーチを行い、スピーチの後に試験官から同じトピックについて1~2つ質問されます。スピーチの時間は長くないので、それほど多くの内容を喋る必要はないですが、その後のパート3への準備として、「何故自分がそう考えるのか」という点についても整理しておくことが必要です。

パート3

このパートでは、パート2で自分が述べたトピックについて試験官とディスカッションを行います。パート2よりもより深い議論が求められますので、自分の考えがブレないようにしっかりと説明することが重要です。

★他のIELTS攻略情報も見てみる(人気ブログランキング)

 

IELTS対策で困ったら

TOEFLやTOEICと比べて日本国内での受験生が少ないIELTSですので、自宅で学習する場合には教材の選択など悩む方も少なくないと思います。

オンライン英会話のベストティーチャーでは「IELTS対策コース」を提供しており、このコースに申し込むとジャパンタイムズが出版する『新セルフスタディ IELTS 完全攻略』(Anthony Allan著/片岡みい子訳)に掲載されている問題を元にしたレッスンが追加で受講できるようになります。

対策が難しいIELTSのスピーキングモジュールとライティングモジュールを、専門の対策コースで攻略しましょう!

SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」

Cambridge IELTS 13:Academic Student’s Book with Answers with Audio

created by Rinker
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
IELTS
Zackをフォローする
English Navi