留学

オーストラリア留学のススメ(3つのメリット・デメリット)

南半球の英語学習の留学先としてニュージーランドと人気を二分するオーストラリア。自然豊かな環境やワーキングホリデーを利用した留学ができることなどが人気の理由となっています。留学先として人気のオーストラリアですが、当然留学先としてのメリット・デメリットはあります。ここではオーストラリア留学におけるメリット・デメリットを見ていきましょう。
TOEIC

TOEICは世界で通用する試験なのか

「TOEICは世界中で受験者がいるインターナショナルな試験であり、そのスコアは世界中で通用する!」という意見もあれば、「TOEICは日本と韓国くらいでしか受験者がおらず、限られた地域でしか通用しない試験だ!」という意見もあります。実際に、TOEICはどこまで世界に通用する国際的な試験と言えることができる試験なのか見ていきましょう。
留学

イギリス留学のススメ(3つのメリット・デメリット)

日本人の英語留学の留学先としてはアメリカやオーストラリアに後塵を拝しているイギリスですが、依然として留学先としての人気は高く、多くの日本人がイギリス留学を遂げています。留学先として人気のイギリスですが、当然留学先としてのメリット・デメリットはあります。ここではイギリス留学におけるメリット・デメリットを見ていきましょう。
英検®

英検®二次試験(級別)の合格率

英検®二次試験の合格率に関するデータについては、残念ながら2012年度以降のデータは公開されなくなりました。二次試験の内容や形式そのものは過去の試験から大きな変更がなく、合格率を大幅に変更することは過去の試験の合格者と現在の試験の合格者のレベルを変えてしまうことになり得るため、過去の傾向から大きな変更はないと推測されます。ここでは、2007年度から2011年度までの年度別・級別の合格率を見ていきます。やや古いデータとなりますが、参考にしてみてください。
留学

マイルを使って海外留学・海外旅行に行こう!

海外留学・海外旅行に行く際に大きな費用負担となるもののひとつは渡航に必要となる飛行機代です。飛行機代を抑える手段として有効なのが、航空会社のマイレージを活用して渡航を実現するということです。飛行機に乗る以外にも航空会社のマイルを貯める方法はあります。ここでは、日本人のみなさんがマイルをためやすく、そして活用しやすいJAL及びANAのマイルのため方について紹介していきます。
留学

カナダ留学のススメ(3つのメリット・デメリット)

北米の留学先として一番人気があるのはアメリカですが、カナダも留学先として長年にわたり人気の高い国です。カナダにおける英語留学として人気の都市は、バンクーバー(西海岸)とトロント(東海岸)に二分されます。この二都市には、多くの語学学校や大学が存在しており、多様なプログラムやレベルの中から自分に合ったプログラムを選択することができます。ここでは、ここでは留学先としてのカナダのメリット・デメリットを見ていきましょう。
英検®

英検1級のレベル・難易度

英検1級は「英検の最終目標」であり、資格を取得することによって入試優遇、単位認定の活用ができる他、通訳案内士試験の外国語(英語)の筆記試験が免除されるなど、様々なメリットがある級となっています。その英検1級の取得は非常に困難なレベルとも言われていますが、実際のところどれほどの難易度なのでしょうか。英検1級の合格率や合格点、TOEICとの比較等を通じてその難易度を見ていってみましょう。
TOEFL

TOEFL会場口コミ>兵庫>姫路駅南口テストセンター

[兵庫]姫路駅南口テストセンターのTOEFL試験会場口コミです。受験者のコメント「駅からものすごく近く、会場は暖房機器も備えており、冬場でも暖かかったです。受験場所での座席も仕切りがあり、壁側に向かっての受験でしたので、とても受験しやすい環境でした。」
留学

アメリカ留学のススメ(3つのメリット・デメリット)

英語留学をしたい!と思って、最初に思い浮かべる留学先は「アメリカ!」という方も少なくないのではないでしょうか。近年、英語留学の留学先も多様化してきてはいますが、やはり留学先としてアメリカの人気は依然高く、ある調査によれば、アメリカが長年にわたり人気No.1の留学先となっています。留学先として人気のアメリカですが、当然留学先としてのメリット・デメリットはあります。ここではアメリカ留学におけるメリット・デメリットを見ていきましょう。
TOEFL

TOEFL会場口コミ>東京>新宿御苑・三丁目テストセンター

[東京]新宿御苑・三丁目テストセンターのTOEFL試験会場口コミです。受験者のコメント「良かったと思うところは仕切りが高く相手との接触が少ないため集中できることは良かったと思います。ただ、ビル内ということもありやはり少々狭いです。ザ・ビルという空間のまんまな感じがしてそこには緊張しました。」